フアナ・マヌエル・デ・カスティーリャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フアナ・マヌエル・デ・カスティーリャ(Juana Manuel de Castilla, 1339年 - 1381年3月27日)は、カスティーリャエンリケ2世の王妃。父はフェルナンド3世の孫ペニャフィエル公フアン・マヌエル、母はその3番目の妻でアルフォンソ10世の曾孫(フェルナンド・デ・ラ・セルダの孫)であるブランカ・ヌニェス・デ・ララ。異母姉にポルトガルペドロ1世の妃となったコンスタンサ・マヌエルがいる。

1350年にカスティーリャ王ペドロ1世の庶兄であるエンリケ・デ・トラスタマラと結婚した。第一次カスティーリャ継承戦争の末にエンリケがペドロ1世に代わって王位についたことで、フアナ・マヌエルも王妃となった。

2人の間には1男2女が生まれた。