ファールーデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファールーデ
Faloodeh.jpg
フルコース 菓子
発祥地 イランの旗 イラン
主な材料 ヴェルミチェッリコーンスターチ)、ローズシロップ(砂糖、バラ水

ファールーデ[1]ペルシア語: پالوده‎、ラテン文字:Faloodeh、原音はパールーデ、ラテン文字:PaloodehもしくはPālūde)はコーンスターチから作る薄いヴェルミチェッリというに半冷凍状態のローズシロップをかけて作るイランの冷たい菓子である。ファールーデはライムジュースとともに提供される事が多いが、ピスタチオとともに提供されることもある。ファールーデはイランの伝統的なデザートであり、隣国のパキスタンにおいても古くから作られている菓子である。ファールーデはイランシーラーズ発祥の料理であり、イラン国内ではシーラーズ・ファールーデとして特に有名である[2]

パールーデは冷たい菓子の初期の形態の一つといえるものであり、紀元前400年には既に存在していた。 パールーデという名称は原義では滑らかであることを意味する。 イランでは、ファールーデはアイスクリームショップ(バスターニー - bastani)で販売されている他、ファールーデに特化した店舗も存在する[3]

作成方法[編集]

ファールーデに用いる麺を作る際には薄い米の生地をを使って押出し、極細の繊維状の麺を作り出す。この繊維状の麺はすりおろしたココナッツと形状が似ている。アーモンドピスタチオを加えた冷たいをこの繊維状の麺にかけた後、冷やすことでファールーデが完成する[4]

脚注[編集]

  1. ^ 2013年 7月 5日(福本・北川)音声”. IRIBイランイスラム共和国国営放送・国際放送ラジオ日本語 (2013年7月5日). 2014年3月26日閲覧。
  2. ^ "Shiraz Sights", BestIranTravel.com
  3. ^ Gil Marks (2010年11月17日). “Encyclopedia of Jewish Food”. 2014年3月26日閲覧。
  4. ^ Faloodeh

外部リンク[編集]