ファースト・ガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ファースト・ガール』は、さいとうちほによる漫画作品。

2002年から2003年まで『プチコミック』(小学館)で連載されていた。単行本は全5巻。

あらすじ[編集]

タンゴが大好きな女子高生・美雨は、借金苦の母親を助けようと、タンゴのインストラクターコンパニオンアルバイトを引き受ける。そして、会場で出会ったレオンという男性に誘われ、今までにない激しいタンゴを踊る。

そこへ、母親から電話が入る。「レオン・ロサスにあんたを売った」突然告げられた母の言葉に呆然とする美雨を連れ、レオンは母国・トルナディアへと飛び立った。

レオンの祖国で、レオンに身を委ねた美雨。もうレオンしかいない、そう思い、美雨はレオンだけを愛そうと誓う。しかし、2人を軍部のクーデターが襲う。2人は奇跡的に助かったものの、レオンの家族は皆殺しにされ、レオンも追われる身となる。そしてレオンは何者かに捕らわれ、美雨も革命軍のリーダー・フアンの手に落ちる。

登場人物[編集]

主人公[編集]

五月 美雨(さつき みう)
17歳。高校生。幼い頃から母親からタンゴを教わり、好きになる。レオンと一緒になり、男を魅了する妙な色気を発揮させていく。
レオン・ロサス
ロサス家の五男。母親が日本人で、愛人だったため、兄たちからは嫌われている。

美雨の家族[編集]

五月 美斗(さつき みと)
38歳。元・タンゴダンサー。現在はスナック「タンゴ」を営むが、莫大な借金を負っている。20歳の時、トルナディアにタンゴを学ぶため留学していた。レオンの母親・風子とは幼なじみ。
弓弦(ゆづる)
14歳。美雨の義弟。美斗の再婚相手の連れ子。離婚したので、現在は別々に暮らしている。美雨のことが好きだが、血はつながっていなくても、美雨にはとしか見られていない。

ロサス家[編集]

「トルナディアの陰の王」と呼ばれる一家。

ヨアキム・ロサス
74歳。レオンの父親。トルナディアの大統領を25年間務めてきた。
アルマンド・ロサス
ロサス家の長男。
イブライム・ロサス
ロサス家の次男。
エルネスト・ロサス
ロサス家の三男。
オスバルト・ロサス
ロサス家の四男。

その他[編集]

フアン・オルティス
市民派革命軍のリーダー。市民から英雄とされ、コマンダンテ(指揮官)と呼ばれている。美雨に惹かれていく。
マレーナ
元タンゴダンサー。フアンの元から逃げ出した美雨を助けた女性。風子と美斗にタンゴを教えた。
シルバ
トルナディアの将軍大使館付きの仕事で日本にいたことがあり、日本語を話せる。
アイザック・プリンス
ブロードウェイの天才振付師兼演出家薬物中毒

トルナディアとは[編集]

南米の小国。首都はラルゴパソ。国名はスペイン語の「tornado/竜巻」に由来する。

山岳部ではダイヤが多く採掘され、南米では豊かな国だが、国民には貧富の差がある。近年の特産物は、薔薇で、青い薔薇の品種を開発・栽培する。

書誌情報[編集]

さいとうちほ 『ファースト・ガール』