ファン・ボイ・チャウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファン・ボイ・チャウ(潘佩珠)
Phan Bội Châu
PhanBoiChau.jpg
生年月日 1867年12月26日
出生地 阮朝大南国乂安(ゲアン)省
没年月日 1940年10月29日(満72歳没)
死没地 仏領インドシナフエ
所属政党 維新会
ベトナム光復会
テンプレートを表示
ベトナム
ベトナム社会主義共和国の国章

ベトナムの歴史


主な出来事
仏領インドシナ成立
仏印進駐 · 太平洋戦争
ベトナム八月革命
第一次インドシナ戦争
ベトナム戦争 · 中越戦争
ドイモイ


ベトナム共産党
南ベトナム解放民族戦線
共産主義
ホー・チ・ミン思想


「国家」
ベトナム民主共和国
ベトナム国
ベトナム共和国
南ベトナム共和国
自由ベトナム臨時政府
ベトナム社会主義共和国
越南民国臨時政府


人物
ファン・ボイ・チャウ
グエン・タイ・ホック英語版
バオ・ダイ
ホー・チ・ミン
ボー・グエン・ザップ
ゴ・ディン・ジエム
ゴ・ディン・ヌー
マダム・ヌー
グエン・ミン・チェット
グエン・カオ・キ
グエン・タン・ズン
ノン・ドゥック・マイン


言語
ベトナム語 · チュノム
クオック・グー

[編集]


ファン・ボイ・チャウベトナム語Phan Bội Châu漢字潘佩珠1867年12月26日 - 1940年10月29日)は、ベトナムの民族主義運動の指導者。

人物・生涯[編集]

右がファン・ボイ・チャウ、左はクォン・デ王子

10代の頃から反仏独立運動に参加。1904年阮朝皇族のクォン・デCường Để彊柢)を盟主として「維新会ベトナム語版」を結成し、武器援助を求めるべく、1905年大日本帝国へ来日した。亡命中の梁啓超を通じて知り合った犬養毅らから人材育成の必要を説かれたことから、ベトナムの青年を日本に留学させる東遊運動(ドンズー運動)を興した。しかし、このような動きに危機感を抱いたフランス日仏協約日本政府に働き掛けて、1909年に国外退去にさせる。その後中国に渡り、1912年広東ベトナム光復会ベトナム語版を結成した。武力によるベトナムの解放を目指したが、大きな成果は得られなかった。

1925年上海でフランスの官憲によって逮捕され、ハノイ(河内)で終身刑を宣告される。しかし、ベトナム国内の世論の反発を受けて恩赦フエ(順化)に軟禁されたまま没した。

テレビ[編集]

著作物[編集]

日本語訳書[編集]

参考・関連文献[編集]

関連項目[編集]

  • ファン・チュー・チン - 東遊運動の一環として、ファン・ボイ・チャウとともに大日本帝国へ渡り、学生を教育するため、横浜に「丙午軒(ビン・ゴー・ヒエン)」という2階建ての寮を設立した。
  • ホー・チ・ミン - ファンと同郷であり、ホーの父はファンの父の友人であった。お互い面識もあった。

外部リンク[編集]