ファン・ホセ・デ・エルヤル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ファン・ホセ・デ・エルヤル・イ・デ・スビサ(Juan José de Elhuyar (Elhyar) y de Suvisa、1754年6月15日ログローニョ - 1796年9月20日サンタフェ・デ・ボゴタ)はスペイン化学者鉱物学者である。1783年、弟のファウスト・デ・エルヤルタングステンの単離に成功した。

スペイン北部のログローニョに生まれる。パリで教育を受けたあと、ドイツのフライベルク鉱山専門学校で冶金学などを学び、1781年から82年にかけてスウェーデンウプサラトルベリ・ベリマンに学ぶ。その後、ファウストと共にスペインのベルガラの神学校の教授になった。1783年、ベルガラでファウストと共同でタングステンの分離に成功し、ウォルフラムと命名。

その後、コロンビアのヌエバ・グラナダ(Nueva Granada)鉱山の校長に任ぜられ、同地で没した。

外部リンク[編集]