ファン・カルロス・ゴメス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファン・カルロス・ゴメス
基本情報
本名 ファン・カルロス・ゴメス
通称 ブラックパンサー
Pantera Negra
階級 ヘビー級
身長 192cm
リーチ 204cm
国籍 キューバの旗 キューバ
誕生日 1973年7月26日(40歳)
出身地 キューバの旗 キューバハバナ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 55
勝ち 51
KO勝ち 38
敗け 3
引き分け 0
無効試合 1
テンプレートを表示

ファン・カルロス・ゴメスJuan Carlos Gómez、男性、1973年7月26日 - )は、キューバプロボクサーハバナ出身。元WBC世界クルーザー級王者。アマチュア時代にはウラジミール・クリチコを下した経験もある。

来歴[編集]

1995年5月20日、ドイツでプロデビュー。

1996年8月17日、WBCインターナショナルクルーザー級王座決定戦でフィリップ・ミシェル(フランスの旗 フランス)と対戦し、9回TKO勝ちで王座を獲得した。以後、5度の防衛に成功した。

1998年2月21日、WBC世界クルーザー級王者マルセロ・ファビアン・ドミンゲスアルゼンチンの旗 アルゼンチン)に挑戦し、3-0の判定勝ちで世界王座を獲得した。

1999年3月13日、マルセロ・ファビアン・ドミンゲスと再戦し、3-0の判定勝ちで4度目の防衛に成功した。

2000年5月6日、元IBF世界クルーザー級王者イマム・メイフィールドアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と対戦し、3回KO勝ちで8度目の防衛に成功した。

2000年12月16日、元WBA世界ミドル級王者ホルヘ・カストロアルゼンチンの旗 アルゼンチン)と対戦し、10回TKO勝ちで9度目の防衛に成功した。

2001年8月4日、元IBF世界クルーザー級王者アルフレッド・コールアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)とヘビー級ノンタイトルマッチで対戦し、5回TKO勝ち。

2001年11月3日、WBC世界クルーザー級王座防衛戦でピエトロ・アウリノイタリアの旗 イタリア)と対戦し、6回TKO勝ちで10度目の防衛に成功。その後、ヘビー級転向のため王座を返上した。

2005年10月15日、元IBF世界クルーザー級王者オリバー・マッコールアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)とノンタイトルマッチで対戦し、3-0の判定勝ちとなるも、試合後のドラッグテストでゴメスに陽性反応が出たため、試合はノーコンテストとなり、German Boxing Federationから426日間のライセンス停止処分を受けた。

2006年12月15日、ライセンス停止処分後の初試合で3回KO勝ち。

2007年2月10日、WBCラテンアメリカヘビー級王座を獲得した。

2007年6月16日、PABAヘビー級王座決定戦でPABAヘビー級暫定王者デニス・バクトフロシアの旗 ロシア)と対戦し、3-0の判定勝ちで王座を獲得した。

2007年10月19日、WBCインターナショナルヘビー級王座決定戦でオリバー・マッコールと再戦し、3-0の判定勝ちで王座を獲得した。

2008年9月27日、WBC世界ヘビー級王座挑戦者決定戦でウラジミール・ビルチェスウクライナの旗 ウクライナ)と対戦し、3-0の判定勝ちで指名挑戦権を獲得した。

2009年3月21日、WBC世界ヘビー級王者ビタリ・クリチコウクライナの旗 ウクライナ)に挑戦し、9回TKO負けで王座獲得ならず。

2010年3月27日、WBAインターナショナルヘビー級王座決定戦でアレクセイ・マジキンと対戦し、3回TKO勝ちで王座を獲得した。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
マルセロ・ファビアン・ドミンゲス
第13代WBC世界クルーザー級王者

1998年2月21日 - 2001年11月3日(返上)

空位
次タイトル獲得者
ウェイン・ブライスウェイト