ファンフルルーシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファンフルルーシュ
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1967年
死没 1999年
ノーザンダンサー
シブレー
母の父 チョップチョップ
生国 カナダの旗 カナダ
生産 J・ルイス・レベスク
馬主 J・ルイス・レベスク
調教師 ヨニー・スター(カナダ
競走成績
生涯成績 21戦11勝
獲得賞金 23万8688ドル
アメリカドル換算)
テンプレートを表示

ファンフルルーシュ (Fanfreluche) はカナダ生まれの競走馬である。競走馬時代はカナダ、アメリカ合衆国で走り、引退後も繁殖牝馬として成功した。

競走馬時代[編集]

父のノーザンダンサー (Northern Dancer) はカナダの大種牡馬。ファンフルルーシュは初期の産駒であった。兄弟はナイトシフト (Night Shift) 、エリモシブレーがいる。馬名はカナダの子供向けテレビ番組から。

2歳となった1969年、カナダでデビュー。この年はプリンセスエリザベスステークスとナタルマステークスなどを勝利した。

3歳時(1970年)はアメリカにも遠征。アラバマステークス(G1)をはじめベンソン&ヘッジズ招待ハンデキャップ、マニトバダービー、ケベックダービーなどを勝利し、カナダ年度代表馬エクリプス賞最優秀3歳牝馬を受賞した。

同年競走生活を引退して繁殖牝馬となり、当時としては繁殖牝馬の世界最高額である130万ドルでアメリカのバートラム・ファイアストーンに購買された。

繁殖牝馬時代[編集]

繁殖牝馬としても産駒のランジョルール(L'Enjoleur)はソヴリン賞年度代表馬2回を受賞、メダーユドール(Medaille d'Or)はソヴリン賞最優秀2歳牡馬を受賞、ラヴォヤジューズ (La Voyageuse) はカナディアンオークス)を優勝、ダコール(D'Accord)はブリーダーズフューテュリティ(米G2)を優勝した。晩年の産駒レッドアリダーは日本で競走馬となったが、タイキブリザードブリーダーズカップクラシック(加G1)に遠征した際に、帯同馬として母の故郷であるカナダで出走したが最下位に終わった。

孫以降の世代もオーブアンディアンヌ (Aube Indienne) 、フライングスパー (Flying Spur) 、エンコスタデラーゴ (Encosta de Lago) 、ホーリーローマンエンペラー (Holy Roman Emperor) 、ビッグバイキングなど世界的な活躍を見せており、世界有数の牝系ファミリーライン)を築いている。その他本馬の孫であるスマコバクリークが種牡馬として日本に輸入されダービー卿チャレンジトロフィーの勝ち馬オギティファニーの父となっている。

しかし1977年6月、アメリカ・ケンタッキー州のクレイボーンファームで放牧中に何者かに誘拐された。5ヶ月後の同年12月、FBI(アメリカの連邦捜査局)は158マイルほど離れた小さな町の近くで発見、無事クレイボーンファームに戻された。当時妊娠していたが翌年無事生まれた牡馬は「無事に」という意味のフランス語であるセントサーフ (Sain et Sauf) と名付けられた。

1981年にはカナダ競馬名誉の殿堂に選定され、殿堂馬となる。

1999年に死亡。32歳と長寿であった。

血統表[編集]

ファンフルルーシュ血統ノーザンダンサー系 / (アウトクロス

Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic
1954 黒鹿毛
Nearco Pharos
Nogara
Lady Angela Hyperion
Sister Sarah
Natalma
1957 鹿毛
Native Dancer Polynesian
Geisha
Almahmoud Mahmoud
Arbitrator

Ciboulette
1961 黒鹿毛
Chop Chop
1940 黒鹿毛
Flares Gallant Fox
Flambino
Sceptical Buchan
Clodagh
Windy Answer
1955 鹿毛
Windfields Bunty Lawless
Nandi
Reply Teddy Wrack
Alaris F-No.4-g

外部リンク[編集]