ファンファーレ・チョカルリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファンファーレ・チョカルリア
(Fanfare Ciocărlia)
Fanfare Ciocărlia (ウクライナの the international world music and landart festival "Sheshory-2006"にて}
Fanfare Ciocărlia (ウクライナの the international world music and landart festival "Sheshory-2006"にて
基本情報
出身地 ルーマニアの旗 ルーマニア、ゼチェ・プラジニ
活動期間 1996年 - 現在
メンバー
パウル・マルティン・ブルガール
コンスタンティン・"シューロ"・カリン
コンスタンティン・"プンカ"・クンテア
ニコラエ・イォニツァ
ダン・イォネル・イヴァンチャ
イォアン・イヴァンチャ
ラウレンツィウ・ミハイ・イヴァンチャ
オプリカ・イヴァンチャ
ラドゥレスク・ラザル
コンスティカ・"チマイ"・トリファン
モネル・"グゼル"・トリファン
コステル・"ジスニャク"・ウルス

ファンファーレ・チョカルリア(ルーマニア語:Fanfare Ciocărlia)はルーマニアロマ(ジプシー)によるブラスバンド。欧米や日本ではジプシー・ブラスと呼ばれ、古くはチョチェクと呼ばれるスタイルの音楽を演奏する。ルーマニア北西部の村ゼチェ・プラジニ (Zece Prăjini) 出身。

表記[編集]

日本盤のアルバムではファンファーレ・チョカリーア、映画「ジプシー・キャラバン」ではファンファーラ・チォクルリーアと表記されている。また、「チョクルリア (Ciocârlia)」(aの上にサーカムフレックス)とはルーマニア語でヒバリの意味だが、バンド名は「ファンファーレ・チョカルリア (Fanfare Ciocărlia)」(aの上にブレーヴェ)である。

来歴[編集]

ファンファーレ・チョカルリアは地元の結婚式や洗礼式などで演奏するアンサンブルとして活動していた。1996年10月、ドイツ人のサウンド・エンジニアでプロデューサのヘンリー・エルネスト (Henry Ernst) が、ルーマニアのゼチェ・プラジニを訪れたとき、そこにいた多くのミュージシャンたちの才能を確信し、バンドに「ファンファーレ・チョカルリア」と名づけた。ファンファーレ (Fanfare) とはフランス語由来のルーマニア語でブラスバンドを意味し、チョクルリア (Ciocârlia) はルーマニア語でヒバリを意味する言葉である。[1]この時以来、ファンファーレ・チョカルリアは世界50以上の国で1000回を超えるコンサートを行っている。

2006年、彼らはBBC Radio 3 のワールドミュージック賞を受賞した。同年10月にバンドの中核であったイオン・イヴァンチャが癌で死去。新体制の下、アルバムQueens and Kingsを発表。ジャケットにはイオンと彼の妻の写真が使われており、彼等に捧げられたアルバムである。

音楽スタイル[編集]

トルコの軍楽隊に由来するといわれているファンファーレ・チョカルリアの楽器構成はトランペットテノールホルン(ドイツ式)バリトン、チューバ(ヘリコン helicon)、クラリネットサクソフォーンバスドラムパーカッションである。歌詞はルーマニア語のものもロマ語のものもある。彼らの音楽スタイルは主として、伝統的なロマ音楽ルーマニアの音楽チョチェクに基づいたものであるが、自由にトルコの音楽ブルガリアの音楽セルビアの音楽マケドニア共和国の音楽などの要素を織り交ぜたものである。インド映画などからの影響もある。ブラス編制のために英語圏ではジプシー・ブラスとも呼ばれている。

ファンファーレ・チョカルリアはそのパワフルで躍動感のある複雑なリズム、高速にスタッカートするクラリネットや、サクソフォン、トランペットのソロなどで特に知られており、時に毎分200ビートを超えることもある[2]。また、演奏には楽譜を用いず、曲中でときに即興でホルンやクラリネットを吹く。

メンバー[編集]

  • パウル・マルティン・ブルガール (Paul Marian Bulgaru) - トランペット
  • コンスタンティン・"シューロ"・カリン (Constantin "Şulo" Călin) - テノールホルン、ヴォーカル
  • コンスタンティン・"プンカ"・クンテア (Constantin "Pînca" Cântea) - テューバ(ヘリコン)
  • ニコラエ・イォニツァ (Nicolae Ioniţa) - パーカッション
  • ダン・イォネル・イヴァンチャ (Dan Ionel Ivancea) - アルト・サクソフォン、ヴォーカル
  • イォアン・イヴァンチャ (Ioan Ivancea) - クラリネット、ヴォーカル (2006年10月死去)
  • ラウレンツィウ・ミハイ・イヴァンチャ (Laurenţiu Mihai Ivancea) - (ドイツ式)バリトン
  • オプリカ・イヴァンチャ (Oprică Ivancea) - ソプラノ・クラリネット、アルト・サクソフォン、ヴォーカル
  • ラドゥレスク・ラザル (Rădulescu Lazăr) - トランペット、ヴォーカル
  • コンスティカ・"チマイ"・トリファン (Costică "Cimai" Trifan) - トランペット、ヴォーカル
  • モネル・"グゼル"・トリファン (Monel "Gutzel" Trifan) - テューバ(ヘリコン)
  • コステル・"ジスニャク"・ウルス (Costel "Gisniac" Ursu) - バスドラム

北米への影響[編集]

デビュー・アルバムRadio Pascani、特に収録曲「Ah Ya Bibi」は北米のファンの心を大きくつかんだ。米国のジプシー音楽家、バルカナラマ (Balkanarama) は2003年のアルバムNonstopで「Ah Ya Bibi」をカバーした。カリフォルニア州のバンド、エストラーダスフェア (Estradasphere) も同曲をカバーし、ライブで披露したほか、ミニアルバムThe Silent Elk of Yesterdayにも「A Tune by F.F.C.」の曲名で収録されている。ニューヨークのハンガリアン・マーチ・バンド (Hungry March Band) は「Asfalt Tango」をカバーし、アルバムOn the Waterfrontに収録されている。エクストラ・アクション・マーチング・バンド (Extra Action Marching Band) はCD Liveに「Ciocarlia Suite」を収録している。

ファンファーレ・チョカルリアはまた、ダニー・エルフマンの50歳の誕生パーティーに招待され、演奏を披露している[3]

ダンスミュージックへの影響[編集]

ファンファーレ・チョカルリアの楽曲「Asfalt Tango」は英国のエレクトロ・ダンス・ユニット、ベースメント・ジャックスの曲「Hey U」に使用され、同曲はアルバムCrazy Itch Radioに収録された。

日本への影響[編集]

日本では、ドキュメンタリー映画「炎のジプシーブラス ~地図にない村から~」、そして来日公演によって認知されるようになった。

映画[編集]

ファンファーレ・チョカルリアは、ドイツ人のラルフ・マルシャレック (Ralf Marscalleck) 監督の長編ドキュメンタリ映画「Iag Bari - Brass on Fire」(邦題:炎のジプシーブラス ~地図にない村から~)で取り上げられた。同映画はジプシー村、ゼチェ・プラジニに始まり巨大なコンサート会場に立つようになるまでのファンファーレ・チョカルリアのメンバーたちに焦点を当てている。同映画は2003年のバルセロナマドリードの音楽ドキュメンタリ映画フェスティバル (Festival De Cine Documental Musical) でベスト・ドキュメンタリ賞を受賞した。また、この映画はマケドニア共和国のテレビ・ラジオ番組Golden Wheelによるスコピエのロマ・フェスティバルで最優秀長編ドキュメンタリ賞を受賞した。

また、ファンファーレ・チョカルリアは、トルコ人の映画監督ファティーフ・アクンの映画「愛より強く」でも焦点があてられた。同映画はベルリンベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した。

「Asfalt Tango」はポーランドのトーマス・バギニスキ (Tomasz Bagiński) によるアニメ番組Fallen Art (ポーランド語Sztuka spadania) の主題歌として用いられた。

2006年、映画「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」のバック・グラウンド・ミュージックとして「Born to Be Wild」を演奏した。

2006年制作(日本での公開は2008年)のドキュメンタリー映画「ジプシー・キャラバン」に出演。

ディスコグラフィー[編集]

CD[編集]

  • Radio Pascani (1998)
  • Baro Biao - World Wide Wedding (1999)
  • Iag Bari - The Gypsy Horns From The Mountains Beyond (2001)
  • Gili Garabdi - Ancient Secrets of Gypsy Brass (2005)
  • Queens and Kings (2007)

DVD[編集]

ドキュメント映画

  • Iag Bari - Brass on Fire(邦題:炎のジプシーブラス ~地図にない村から~) (2004)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ http://www.asphalt-tango.de/fanfare/press/cdnow.html
  3. ^ http://www.fanfare-ciocarlia.com/

外部リンク[編集]