ファレオロ国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファレオロ国際空港
Faleolo International Airport
Faleolo.jpg
空撮による空港全景
IATA: APWICAO: NSFA
概要
空港種別 公共
供給都市 アピア
標高 58 ft / 18 m
座標 南緯13度49分47秒 西経172度00分30秒 / 南緯13.82972度 西経172.00833度 / -13.82972; -172.00833
滑走路
方向 全長 表面
m ft
08/26 3,000×45 9,843 舗装
出典:DAFIF[1][2]

ファレオロ国際空港英語: Faleolo International Airport)は、サモア独立国首都アピアの西郊約40kmにある国際空港。サモア最大の国際空港で、空の玄関口となっている。

歴史[編集]

太平洋戦争中の1942年に、アメリカ海軍の建設工兵隊であるシービーによって建設され、ファレオロ飛行場: Faleolo Airfield)と命名された。

就航路線[編集]

国際線[編集]

航空会社 目的地
ニュージーランドの旗 ニュージーランド航空 オークランド
フィジーの旗 エア・パシフィック航空 ホノルル[3]ナンディ
アメリカ領サモアの旗 インターアイランド・エアウェイズ パゴパゴタウ英語版
サモアの旗 ポリネシアン航空 パゴパゴ
[チャーター便]: ヌクアロファ
サモアの旗 ヴァージン・サモア
運航はオーストラリアの旗 ヴァージン・オーストラリア
オークランド、ブリスベンシドニー

国内線[編集]

航空会社 目的地
サモアの旗 ポリネシアン航空 マオタ英語版

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ World Aero Dataによる 空港情報 (NSFA)
  2. ^ Airport information for APW at Great Circle Mapper. Source: DAFIF.
  3. ^ “New Samoa-Honolulu flights planned”. Pacific Business News. (2009年8月3日). http://pacific.bizjournals.com/pacific/stories/2009/08/03/daily11.html 2012年2月29日閲覧。 (英語)