ファルマン (航空機メーカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ファルマン航空社(英語:Farman Aviation Works)はかつて存在したフランスの航空事業会社。リチャード・ファルマン[1]アンリ・ファルマンモーリス・ファルマンの三兄弟が設立し運営した。

1908年から1936年まで航空機を設計し製作していた。その後フランスが航空宇宙産業を国有化・合理化する際にファルマン社の財産は全仏航空機構中央協会(仏語:Société Nationale de Constructions Aéronautiques du Centre SNCAC)に譲渡された。

1941年ファルマン兄弟は会社を再建しファルマン工場社(仏語:Société Anonyme des Usines Farman SAUF)とした。しかしたった3年で、Sud-Ouest社(南西航空機構全国協会 Société nationale des constructions aéronautiques du sud-ouest SNCASO)に合併させられてしまう。さらに1952年にもう一度ファルマン航空社を設立したが、その努力は実らず、会社は解散した。

ファルマン兄弟は1908年から1941年までの間に200種類の航空機を開発作成している。

生産した航空機[編集]

MF.7 ロングホーン
MF.11 ショートホーン
F.60 ゴリアト
  • Farman III - アンリ・ファルマン式複葉機 (1909)
  • MF.7 ロングホーン (1913)
  • MF.11 ショートホーン (1913)
  • F.30 - 戦闘機試作機 (1917)[2]
  • F.31 - 戦闘機試作機 (1918)[3]
  • F.50 - 双発爆撃機 (1918)
  • F.50 - 飛行艇 (1920s)
  • F.51 - 偵察飛行艇 (1922)
  • F.60 Torp - 雷撃水上機 (1920s)
  • F.60 ゴリアト - 爆撃機、輸送機 (1919)
  • F.70 - 単発6人乗り飛行機 (1920)
  • F.121 Jabiru - 四発エンジン旅客機 (1923)
  • F.166 - 雷撃水上機 (1928)
  • F.167 - 雷撃水上機 (1928)
  • F.169 - 雷撃水上機 (1928)
  • F.170 Jabiru - 単発旅客機 (1925)
  • F.222 - 四発エンジン重爆撃機 (1932)
  • F.223 - 双発エンジン重爆撃機 (1937)
  • F.271 - 爆撃機/雷撃水上機 (1934)
  • F 402 - 3席、万能航空機 (1933)
  • ファルマン NC.470 - 6席、訓練機/偵察機(水上機) (1938)
  • ファルマン NC.471 - 6席、訓練機/偵察機(水上機) (1938)

参考資料[編集]

参考文献
  • Green, William; Gordon Swanborough. The Complete Book of Fighters. Godalming, UK: Salamander Books. pp. 201, 202. (英語)
参考サイト

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Richard 'Dick' Farman - ファルマン三兄弟の長兄。同社の経営側を担当した。
  2. ^ Green & Swanborough, P.201
  3. ^ Green & Swanborough, P.201, 202