ファリス (フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Pharris (FF-1094)
艦歴
発注 1966年8月25日
起工 1972年2月11日
進水 1972年12月16日
就役 1974年1月26日
退役 1992年4月15日
除籍 1995年1月11日
その後 メキシコに売却
性能諸元
排水量 基準: 3,068t
満載: 4,130t
全長 133.5 m (438 ft)
全幅 14.33 m (47 ft)
吃水 7.62 m (24.75 ft)
機関 水管ボイラー (84.4at, 538℃)×2缶
蒸気タービン (35,000hp)×1基
スクリュープロペラ×1軸
速力 最大: 27ノット以上
航続距離 4,500海里 (20ノット巡航時)
乗員 士官16名、曹士211名
兵装 Mk.42 5インチ単装速射砲×1基
Mk.15 20mmCIWS×1基
※BPDMSと交換に後日装備
シースパローBPDMS 8連装発射機×1基
※後日装備, 後にCIWSに換装
Mk.16 8連装ミサイル発射機×1基
(アスロックSUM, ハープーンSSM用)
Mk.32 mod.9 連装短魚雷発射管×2基
艦載機 QH-50 DASH×2機
SH-2 LAMPSヘリコプター×1機に
後日換装
FCS Mk.68 砲射撃指揮用
Mk.114 水中攻撃指揮用
センサ AN/SPS-40 対空捜索レーダー
AN/SPS-10 対水上捜索レーダー
AN/SPS-67に後日換装
AN/SQS-26CX 艦首装備ソナー
AN/SQS-35 可変深度ソナー
※AN/SQR-18戦術曳航ソナーに後日換装
電子戦 AN/SLQ-26 ESM/ECM装置
AN/SLQ-32(V)2 ESM装置に後日換装
Mk.36 デコイ発射装置
※後日装備
モットー Vigilance-Valor-Tenacity

ファリス (英語: USS Pharris, FF-1094) は、アメリカ海軍フリゲートノックス級フリゲートの43番艦。艦名は名誉勲章受章者であるジャクソン・C・ファリス少佐に因む。就役時は護衛駆逐艦に分類された。

艦歴[編集]

ファリスはルイジアナ州ウェストウィーゴーエイボンデール造船所で1972年2月11日に起工する。1972年12月16日進水し、1974年1月26日に就役した。

1987年から88年にかけて地中海に配属されたファリスは、1988年4月にペルシャ湾で触雷、損傷したサミュエル・B・ロバーツ (USS Samuel B. Roberts, FFG-58) を運搬するマィティ・サーヴァント 2 の護衛を担当した。また、アーネスト・ウィル作戦に参加し、合衆国遠征章を受章した。

ファリスは1992年に退役、メキシコに売却され、メキシコ初代大統領グアタルーペ・ビクトリアに因んでビクトリア (ARM Victoria) と改名された。

フィクションで[編集]

トム・クランシーの1986年の小説レッド・ストーム作戦発動』で、ファリスは主人公の一人の乗艦として描写の中心的な役割を担うが、ソ連ヴィクター級原子力潜水艦の攻撃によって大破する。

外部リンク[編集]