ファヤ・ラルジョー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファヤ・ラルジョー
Faya-Largeau
ファヤ・ラルジョーの位置(チャド内)
ファヤ・ラルジョー
ファヤ・ラルジョー
チャドに於ける位置
座標: 北緯17度55分01秒 東経19度7分0秒 / 北緯17.91694度 東経19.11667度 / 17.91694; 19.11667
チャドの旗 チャド
ボルク
ボルク
支庁 ファヤ・ラルジョー
人口 (2008)
 - 計 14,123人
等時帯 +1

ファヤ・ラルジョー:Faya-Largeau[1])またはファヤ(仏:Faya[2])とは、チャド共和国ボルク州ボルク県に位置するチャド北部最大の都市兼ボルク州都であり、2008年まで存在していたボルク・エネディ・ティベスティ州の州都でもあった都市である[3]

歴史[編集]

当初はファヤと呼ばれていたこの都市は、フランスの軍人、ヴィクトル・イマヌエル・ラルジョーの名前を取って、ラルジョーに改名された[2]。しかし、チャドがフランスから独立する際に現在のファヤ・ラルジョーと言う名に改められた。その後、1975年リビア・アラブ共和国アオゾウ地帯に侵攻した際にこの都市はリビアによって占領されたが、1980年イッセン・ハブレがこの地を回復した[4]1983年にはリビアによる再征服を受ける物の、1987年には再回復し、現在に至っている[4]

1980年代半ばのファヤ・ラルジョー。LARAF MiG-23MSが見える他、左にIl-76MDが見える。

経済[編集]

地下水が存在している為、この地の主産業は農業であり、ファヤ・ラルジョーの北には三つの池が存在している。また、この都市にはファヤ・ラルジョー空港(IATA: FYTICAO: FTTY)が存在している[5]

人口[編集]

人口[6]
1993 9,867
2008 14,123

気候[編集]

ファヤ・ラルジョーの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 39
(102)
43
(109)
44
(111)
49
(120)
49
(120)
49
(120)
47
(117)
46
(115)
46
(115)
47
(117)
39
(102)
36
(97)
49
(120)
平均最高気温 °C (°F) 29
(84)
32
(90)
36
(97)
40
(104)
44
(111)
43
(109)
43
(109)
40
(104)
39
(102)
39
(102)
33
(91)
28
(82)
37.2
(98.8)
日平均気温 °C (°F) 20.5
(68.9)
23
(73)
27
(81)
30.5
(86.9)
34
(93)
33.5
(92.3)
33.5
(92.3)
32
(90)
31.5
(88.7)
30.5
(86.9)
25.5
(77.9)
20.5
(68.9)
28.5
(83.32)
平均最低気温 °C (°F) 12
(54)
14
(57)
18
(64)
21
(70)
24
(75)
24
(75)
24
(75)
24
(75)
24
(75)
22
(72)
18
(64)
13
(55)
19.8
(67.6)
最低気温記録 °C (°F) 4
(39)
7
(45)
11
(52)
14
(57)
17
(63)
17
(63)
16
(61)
16
(61)
17
(63)
12
(54)
9
(48)
3
(37)
3
(37)
降水量 mm (inch) 0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
18
(0.71)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
18
(0.71)
出典: BBC Weather [7]

サハラ砂漠内に位置している為、ファヤ・ラルジョーの気候はケッペンの気候区分に於いて砂漠気候BWh)に分類される。夏も冬も非常に暑く、最高気温は5月に44℃を記録し、月別最高気温で最低の1月であっても12℃を記録している。降雨量は8月を除けばどの月もほぼ0ミリメートル (0 in)に近く、その8月であってもわずか18ミリメートル (0.71 in)を記録するのみである。相対湿度は夏の終わりと冬に最高を迎え、8月のそれは午前に66%を記録する他方、秋と冬は低く、4月の午後には17%を記録する。しかしこの湿度の低さにも関わらず、5月から9月にかけて不快度数が危険域に分類される程の高温を記録する[8]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Atlas of the World (Eighth edition ed.). Washington, D.C., United States: National Geographic Society. (2005). 
  2. ^ a b “Faya”. Encyclopædia Britannica. Encyclopædia Britannica, Inc. http://www.britannica.com/eb/article-9033859/Faya 2007年1月1日閲覧。. 
  3. ^ Circonscriptions administrative”. Archive du Ministère de l’Administration du territoire. 2007年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年1月1日閲覧。
  4. ^ a b Libyan Intervention in Chad, 1980-Mid-1987”. GlobalSecurity.org. 2007年1月1日閲覧。
  5. ^ Faya-Largeau”. Falling Rain Genomics, Inc. 2007年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年1月1日閲覧。
  6. ^ World Gazetteer: Chad
  7. ^ BBC Weather Centre Average Conditions Faya-Largeau”. BBC Weather. 2009年8月21日閲覧。
  8. ^ Average Conditions: Faya, Chad”. BBC Weather. 2009年7月26日閲覧。