ファヤンゴサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファヤンゴサウルス
Huayangosaurus
フィヤンゴサウルス
ファヤンゴサウルス骨格
地質時代
ジュラ紀中期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 剣竜下目 Stegosauria
: ファヤンゴサウルス科 Huayangosauridae
: ファヤンゴサウルス属 Huayangosaurus
学名
Huayangosaurus
Dong, Tang, and ZhouHoffstetter, 1982

ファヤンゴサウルス (Huayangosaurus) は、中生代ジュラ紀中期に生息していた恐竜の一つ。剣竜下目 - ファヤンゴサウルス科に属する。属名中国四川地方の古い名称『華陽』(ファヤン)から。

全長は約4mと、剣竜としては小型。知られている剣竜類では最も初期の種、且つ剣竜類の主流からいち早く分岐した種だとされ、本種一属だけで独自のを設けられている。前肢と後肢の長さがほぼ同じで体高が低めである事、胴体の幅が広い事、頭骨が上下に厚みがある事、顎の先端に歯があるなど、原始的な特徴を幾つか持つ。

両肩に巨大なスパイクを持っているのも特徴(但しスパイクについては中国で見つかった他の剣竜類にも例があり、本種独自の特徴ではない)。

竜脚類シュノサウルス等と同じ地層から発掘されている。完全骨格を含む良好な発掘例が幾つか知られている。

関連項目[編集]