ファミリータイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Family Ties title.svg

ファミリータイズ(Family Ties) は1982年から1989年まで7シーズン、全176話が放映されヒットしたアメリカテレビドラマシリーズ。

キートン家のドタバタ劇を描いたシチュエーション・コメディ(シットコム)。このドラマはアメリカ合衆国における文化の端境期、すなわち1960年代1970年代リベラリズムから1980年代保守主義への転換という社会現象を反映している[1]。具体的には、元ヒッピーでリベラリストの両親と、共和党を熱烈に支持する長男アレックスという対比、すなわち「年長者より年少者の方が保守的」という一風変わった状況が、コメディの基調のひとつとなっている。

アレックス役を演じたマイケル・J・フォックスは、このシリーズでエミー賞のコメディー部門主演男優賞を1986年から3年連続受賞した。なお、この作品に出演したことがのちに制作された映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』主演のきっかけとなった[要出典]

出演者[編集]

アレックス・P・キートン
マイケル・J・フォックス(声:宮川一朗太
長男。エリート銀行員を目指す、初めて発した言葉が「Mommy」ではなく「Money」であるという金の亡者。
スティーヴン・キートン
マイケル・グロス(声:富山敬
父。テレビ局に勤める。
エリス・キートン
メレディス・バクスター(声:藤田淑子
母。建築家として成功している。
マロリー・キートン
ジャスティン・ベイトマン(声:堀江美都子
長女。勉強はできないが流行には家族で随一の鋭さを誇り将来ファッション業界を目指す。
ジェニファー・キートン
ティナ・ヨーザーズ(声:三田ゆう子
次女。成績優秀でアレックスのライバルである。
アンドリュー・キートン
ブライアン・ボンソール
次男。第3シーズンで誕生した。
スキッピー・ハンドルマン
マーク・プライス(声:中原茂
アレックスの友人。
ニック・ムーア
スコット・ヴァレンタイン(声:大塚芳忠
マロリーの恋人。
エレン・リード
トレイシー・ポラン(声:山田栄子
アレックスの恋人。

無名時代や駆け出しの頃、このドラマにゲスト出演した俳優・女優には以下がある。

日本での放送[編集]

日本では第3シーズンから放映が開始され、2008年には第3シーズンのDVDボックスが発売された。

トリビア[編集]

  • 1985年-1986年にアレックスの恋人エレン役で出演したトレーシー・ポランは、1988年に当のマイケル・J・フォックスと結婚した。のち、双子を含む4人の子供をもうけた。
  • 劇中、アレックスとエレンの愛のテーマ曲としてビリー・ヴェラ&ザ・ビーターズの "At This Moment" (en) が頻繁に使われた。この歌は1981年のリリース当時はBillboard Hot 100で79位に終わったが、このドラマでの使用を契機に再ヒットし、1987年1月には同1位となった。
  • 両親役のマイケル・グロスとメレディス・バクスターは、偶然にも生年月日が同じ(1947年6月21日)である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Museum of Broadcast Communications: Family Ties
  2. ^ Reagan's Favorite Sitcom: How Family Ties spawned a conservative hero

外部リンク[編集]

テレビ東京 火曜22時台前半枠
前番組 番組名 次番組
全米熱中TV
ファミリータイズ
(1986年10月~1987年3月)
テレビ東京 土曜19時台前半枠
ファミっ子大作戦
【金曜19:30に移動】
全米熱中TV
ファミリータイズ
(1987年4月~9月)