ファブローニ (クレーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファブローニ
(Fabbroni)
月面座標 北緯18度42分 東経29度12分 / 北緯18.7度 東経29.2度 / 18.7; 29.2座標: 北緯18度42分 東経29度12分 / 北緯18.7度 東経29.2度 / 18.7; 29.2
直径 11 km
深度 2.1 km
月面余経度 日の出時点で331°
由来 ジョバンニ・ファブローニ

ファブローニ(Fabbroni)は、静かの海の北端に沿って、北部で晴れの海とつながる部分の東端に存在する小さな衝突クレーターである。南東にはウィトルウィウスがある。ファブローニは、国際天文学連合によって固有の名前が与えられるまでは、ウィトルウィウスEとして知られていた。

内部が円錐状の円形のクレーターで、内壁は徐々に落ち込んでいき、中心には小さな底面がある。北の縁は、アルゲウス山の南東の側面に沿っている。

外部リンク[編集]