ファファード&グレイ・マウザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ファファード&グレイ・マウザー (Fafhrd and the Gray Mouser) シリーズは、アメリカの作家フリッツ・ライバー(およびハリー・オットー・フィッシャー)によるヒロイック・ファンタジー小説の連作である。ファファードとグレイ・マウザーの二人は、ライバーのおそらく最も有名なこの物語の主人公である。

最初の物語は1939年に「アンノウン」誌に掲載され、最後の物語は The Knight and Knave of Swords に収められ1988年に出版された。フィッシャーが書いた『クォーモールの王族』の約10,000語を除き、物語はすべてライバーが書いている。物語の形式や雰囲気は変化に富んでいるが、ほぼすべての物語でしばしば陰鬱なユーモアのセンスが見られ、その範囲は鋭い人間観察によるものからモンティ・パイソンにまでおよんでいる。傑作との評価も高い短編『ランクマーの夏枯れ時』では、ファルス(笑劇)と風刺を見事に融合させている。初期の作品はクラーク・アシュトン・スミスロバート・E・ハワードの影響を受けている。

キャラクターと舞台[編集]

ライバーの当初の目標は、ハワードの蛮人コナンエドガー・ライス・バローズターザンよりも実際の人間に近いヒーローを生み出すことだった。

ファファードは長身の北国の蛮族である。出身は氷雪に閉ざされた女系部族で、彼は「文明」にあこがれてそこを出奔した。“灰色杖”と名づけた長剣を使い、音楽の才能も豊富である。

マウザー(グレイ・マウザー、灰色猫の意味)は小柄で機知に富んだ盗賊である。“手術刀”と名づけた細身の長剣と“猫の爪”と名づけた短剣を愛用する。魔法使いの弟子であったこともあり、魔法というものをこよなく愛するが、魔法使いとしての腕はあまり良くない。

ファファードとグレイ・マウザーは、 二人とも徹頭徹尾、悪党である。しかし、彼らのいる世界・ネーウォンは、生き延びるためには誰でもならず者にならなければならない、退廃的な世界なのである。彼らは暴飲暴食、女遊び、喧嘩、盗み、ギャンブルに多くの時間を費やし、雇い主を慎重に選ぶことは滅多にない。しかし、彼らは本当に冒険好きな、人間味があるキャラクターである。

その他の主要な登場人物で、ファファードとグレイ・マウザーに影響力を持つ(あるいは、厄介事をもたらす)のは、時には彼らの助言者ともなるが、ほとんどの場合には彼らを僕としてこき使う二人の魔法使い、〈七つの目のニンゴブル〉と〈目なき顔のシールバ〉である。 この二人に導かれ(あるいは強いられ)て、ファファードとグレイ・マウザーはネーウォン世界のみならず、我々の世界までも股にかけた、興味深くも危険な冒険におもむくのである。

物語の背景となるのはネーウォン(Nehwon、“何時でもない”を意味するNowhenを逆にした語)という神秘的な世界で、最大の都市であるランクマーとその周辺が舞台になることが多い。

ちなみにテリー・プラチェットのユーモアファンタジー小説『ディスクワールド騒動記1』(原題:The Colour of Magic)に登場する都市、アンク・モルポークはランクマーのパロディでもあり、ファファードとグレイ・マウザーは、ブラヴドと〈イタチ〉として登場する。

作品リスト[編集]

「ファファード&グレイ・マウザー」シリーズ(Swords シリーズ)は、以下のとおり。日本語訳は東京創元社から出版されている。訳者は浅倉久志

  1. 『魔の都の二剣士』 (Swords and Deviltry) :短編集、1970年
    1. 『雪の女』 (Snow Women) :1970年、ファンタスティック誌
    2. 『灰色の魔術』 (Unholy Grail) :1962年、ファンタスティック誌
    3. 『凶運の都ランクマー』 (Ill Met in Lankhmar) :1970年、F&SF誌。ファファードとグレイ・マウザーの出会いの物語。ネビュラ賞ヒューゴー賞受賞
  2. 『死神と二剣士』 (Swords Against Death) :短編集、1970年。1957年の Two Sought Adventure の改訂版
    1. 『円環の呪い』 (The Circle Curse) :1970年、書き下ろし
    2. 『森の中の宝石』 (The Jeweles in the Forest) :1939年、アンノウン誌、"Two Sought Adventure" を改題
    3. 『盗賊の館』 (Thieve's House) :1943年、アンノウン誌
    4. 『凄涼の岸』 (The Bleak Shore) :1940年、アンノウン誌
    5. 『泣き叫ぶ塔』 (The Howling Tower) :1941年、アンノウン誌
    6. 『沈める国』 (The Sunken Land) :1942年、アンノウン誌
    7. 『七人の黒い僧侶』 (The Seven Black Priests) :1953年、アザー・ワールズ誌
    8. 『夜の鉤爪』 (Claws from the Night) :1940年、サスペンス誌、"Dark Vengeance" を改題
    9. 『痛みどめの代価』 (The Price of Pain-Ease) :1970年、書き下ろし
    10. 『珍異の市』 (Bazaar of the Bizarre) :1963年、ファンタスティック誌
  3. 『霧の中の二剣士』 (Swords in the Mist) :短編集、1968年
    1. 『憎しみの雲』 (The Cloud of Hate) :1963年、ファンタスティック誌
    2. 『ランクマーの夏枯れ時』 (Lean Times in Lankhmar) :1959年、ファンタスティック誌
    3. 『海こそ恋人』 (Their Mistress, the Sea) :1968年、書き下ろし
    4. 『海王の留守に』 (When the Sea-King's Away) :1960年、ファンタスティック誌
    5. 『間違った枝道』 (The Wrong Branch) :1968年、書き下ろし
    6. 『魔道士の仕掛け』 (Adept's Gambit) :1947年、ライバーの短編集 Night's Black Agents
  4. 『妖魔と二剣士』 (Swords Against Wizardry) :短編集、1968年
    1. 『魔女の天幕』 (In the Witch's Tent) :1968年、書き下ろし
    2. 『星々の船』 (Stardock) :1965年、ファンタスティック誌
    3. 『ランクマー最高の二人の盗賊』 (The Two Best Thieves in Lankhmar) :1968年、ファンタスティック誌
    4. 『クォーモールの王族』 (The Lords of Quarmall) :1964年、ファンタスティック誌。フィッシャーと共著
  5. 『ランクマーの二剣士』 (The Swords of Lankhmar) :長編、1968年、前半部は Scylla’s Daughter として1961年ファンタスティック誌に掲載
  6. Swords and Ice Magic :短編集、1977年
    1. "The Sadness of the Executioner" :1973年、リン・カーターFlashing Swords! #1
    2. "Beauty and the Beasts" :1974年、The Book of Fritz Leiber
    3. "Trapped in the Shadowland" :1973年、ファンタスティック誌
    4. "The Bait" :1973年、ウィスパーズ誌
    5. "Under the Thumbs of the Gods" :1975年、ファンタスティック誌
    6. "Trapped in the Sea of Stars" :1975年、The Second Book of Fritz Leiber
    7. "The Frost Monstreme" :1976年、リン・カーター編 Flashing Swords! #3
    8. Rime Isle :1977年、コスモスSF&F誌
  7. The Knight and Knave of Swords :短編集、1988年
    1. "Sea Magic" :1977年、ドラゴン
    2. "The Mer She" :1983年、Heroes and Horrors
    3. The Curse of the Smalls and the Stars :1983年、Heroic Visions
    4. The Mouser Goes Below :1988年、書き下ろし:一部 "The Mouser Goes Below"(1987年、ウィスパーズ誌)および "Slack Lankhmar Afternoon Featuring Hisvet"(1988年、 ベス・ミーチャム編 Terry’s Universe)として初出

また、ロビン・ウェイン・ベイリーがシリーズの続編を書いている。

  1. Swords Against the Shadowland :1998年