ファビラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファビラ

ファビラ (Favila (またはFáfila) de Asturias、生年不詳 - 739年)は、アストゥリアス王。父ペラーヨのあとを継いで王位についた。ファビラとはペラーヨの実父の名にちなむ。

生涯[編集]

彼は737年に即位し、伝説によるとクマとの対決のため739年に急死した[1]。ファビラ王の死は政治的な暗殺であった可能性がある。また、クマとの格闘は、当時普通に行われていた、貴族の一員としてふさわしいかどうかを試す成人の儀式の1つであった。彼は狩猟を好んでおり、もっともらしい後世の話としては、無謀にも機嫌の悪いクマに引き裂かれてしまったというものがある。彼は国政において、アラブ人に悩まされないよう彼らに無関心を通していた。その後アラブ人はフランスで交戦している。

後継者選びの裁定は、ファビラの姉を妻に迎えていたアルフォンソ1世に下された。男系子孫の女性が王位を継承する方法は、アストゥリアス=レオン王家最後の王、ベルムード3世の後継を選ぶ際に、ナバーラ王家であるヒメノ家が採用した。ベルムード3世の妹と結婚していたフェルナンド1世がレオン王位を継承したのである。

16世紀の歴史家、アンブロシオ・デ・モラレスによれば、ファビラ王の遺体はカンガス・デ・オニスのサンタ・マリア教会(王妃フロイルバが建設を命じている)に埋葬された[2]。同じ教会内に王妃フロイルバも埋葬された。

参考文献[編集]

  • Del Arco y Garay, Ricardo (1954). Instituto Jerónimo Zurita. Consejo Superior de Investigaciones Científicas.. ed. Sepulcros de la Casa Real de Castilla. Madrid

脚注[編集]

  1. ^ Esto sucedió según la tradición en el lugar en que se sitúa la actual aldea de Llueves, en una montaña, en las inmediaciones de Cangas de Onís. De esta leyenda procede el popular dicho español, "espabila, Favila, que viene el oso", con el cual se apremia al oyente a realizar una acción.
  2. ^ Del Arco y Garay, Ricardo (1954). «X». En Instituto Jerónimo Zurita. Consejo Superior de Investigaciones Científicas. Sepulcros de la Casa Real de Castilla. Madrid. pp. 130-131.
先代:
ペラーヨ
アストゥリアス王
737年 - 739年
次代:
アルフォンソ1世