ファニー・エルスラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファニー・エルスラー

ファニー・エルスラーFanny Elssler,1810年6月23日 - 1884年11月27日)は、オーストリアバレエダンサーである。本名はフランツィスカ(Franziska)。同時代のバレエダンサー、マリー・タリオーニの空中的な踊りに対し、跳躍に重点をおかない、地上的な踊り手であった。

プロフィール[編集]

ウィーンに生まれる。2歳年上の姉テレジアとともにバレエを習い、ジャン・オーメールに学んだ。7歳でデビュー。1824年イタリアの興行師に伴われてイタリアに渡り、ミラノやサラ・カルロ座で学ぶ。1827年に帰国。その後、ベルリンロンドンで踊って成功し、1834年にはパリオペラ座でデビューを果たした。

1836年コラリ振付の「びっこの悪魔」の主役を踊って大評判になり、ことに作中のスペイン舞踊カチューシャは、彼女の代名詞となるほどの大成功であった。

その後、テレジアとともにアメリカに渡り、2年間滞在した。アメリカ滞在中も舞台に立ち、ヴァン・ビューレン大統領の息子ジョンが彼女のそばにいたため、話題となった。

ヨーロッパへ戻ると、ベルリン、ロンドン、ブダペスト、ミラノで公演をおこなった。1848年から3年間、ロシアに滞在し、サンクトペテルブルクモスクワで踊った。

1851年6月、ウィーンで引退興行をし、その後はウィーンで静かな余生を送った。