ファデエフスキイ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NEWSIB2Fadd.png

ファデエフスキイ島(полуостров Фаддеевский, Faddeyevsky)は、東シベリア海上のノヴォシビルスク諸島アンジュー諸島ロシア語版英語版を構成する島の一つ。本来は別の島である西側のコテリヌイ島(Котельный, Kotelny)とのあいだに砂地の堆積によってできた砂州ゼムリャ・ブンゲロシア語版英語版ロシア語: Земля Бунге)によって繋がっている。ゼムリャ・ブンゲはときに海面下に沈むことがあるが、全体で一つの島とすると、世界で47番目に大きな島である(面積 23,165km²)。

ファデエフスキイ島の最高点は65m。1805年ヤコフ・サンニコフによって発見され、ここにはじめて逗留した毛皮商人のロシア人ファデエフに因んで名づけられた。

面積[編集]