ファシント・ヴァスケス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ファシント・ヴァスケスJacinto Vásquez, 1944年 - )は、パナマ出身の騎手。主に北米サラブレッド競馬で活動し、通算5231勝を挙げた。1998年、アメリカ競馬名誉の殿堂入り。

経歴[編集]

1959年、15歳の時にパナマのプレジテンテレモン競馬場で騎手デビューし、見習い騎手のリーディングジョッキーを獲得。翌年よりアメリカに移り、ニューヨーク州を活動拠点とした。

1975年、フーリッシュプレジャーケンタッキーダービーに優勝し、クラシック競走を初制覇。また、この年は牝馬ラフィアンニューヨーク牝馬三冠も制した。同年7月6日、ベルモントパーク競馬場で両馬のマッチレースが企画された際には、ラフィアンを選択する。しかし同馬は競走中に骨折、予後不良となり、「ラフィアンの悲劇」として記憶されることとなった。この死を悼み、翌年ラフィアンハンデキャップが創設されると、ヴァスケスはレヴィデアに騎乗し、第1回競走の優勝騎手となった。

1980年、牝馬 ジェニュインリスクでケンタッキーダービー2勝目を挙げ、同時に牝馬として65年振りのダービー制覇の快挙に導いた。

1984年2月より、1年間の騎乗停止処分を受ける。1976年に他騎手への贈賄容疑で告発を受けた際、ヴァスケスが異議申し立てを行い、審理が続けられた末に訴えが退けられたものであった。

復帰後の1986年には、スマイルブリーダーズカップ・スプリントに優勝し、ブリーダーズカップ競走初勝利を挙げた。その後10年間活動を続け、1996年に騎手生活から退いた。通算37392戦5231勝。勝利数は当時史上第15位の記録。1998年には騎手部門でアメリカ競馬殿堂入りを果たし、翌年には通算5度の開催リーディングを獲得したフロリダ州コールダー競馬場でも顕彰され殿堂入りした。

現在は調教師としてフロリダで活動を続けている。

成績[編集]

通算成績 1着 騎乗回数 勝率
5,231 37,392 14%

主な騎乗馬[編集]

※年度表彰受賞馬以外は、日本語版に記事が存在する馬のみ記載。括弧内はヴァスケス騎乗時の優勝競走。

G1競走
その他重賞競走
  • Forego(1976年ナッソーカウンティハンデキャップ)
  • Mogambo(1986年ゴーサムステークス)
  • Risen Star(1988年レキシントンステークス)