ファイフ公爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初代ファイフ公爵夫妻

ファイフ公爵: Duke of Fife)は、イギリス公爵位。連合王国貴族スコットランドファイフにちなむ。ウェールズ公アルバート・エドワード王子(後のイギリス王エドワード7世)の長女であるルイーズ王女の夫となった第6代ファイフ伯爵アレグザンダー・ダフに対して1889年1900年の二度創設されたことに始まる。王族に対するものを除くと、イギリスにおいて最後に創設された公爵位である。

2010年現在、公爵家の邸宅はアバディーンシャーストーンヘイヴンStonehaven)近くにあるエルシック・ハウスElsick House)である。

歴史[編集]

アレグザンダー・ダフAlexander Duff)は第5代ファイフ伯爵ジェイムズ・ダフJames Duff, 5th Earl Fife)の息子で(ウィリアム4世の曾孫でもある)、エルギンシャーネアンシャーElginshire and Nairnshire)選出庶民院議員となり、後にジェントルマン・アット・アームス隊長(Captain of the Honourable Corps of Gentlemen-at-Arms、在職: 1880年 - 1881年)やエルギンシャーの州知事地方長官; Lord Lieutenant、在職: 1892年 - 1902年)を務めた人物である。1879年に父親の死去によって第6代ファイフ伯爵Earl Fife; 1759年創設のアイルランド貴族)となり、1885年ヴィクトリア女王によってファイフ伯爵Earl of Fife; 連合王国貴族)にも叙された[1]

ルイーズ王女と初代ファイフ公の結婚を祝して作成されたタータン

1889年にアレグザンダーとルイーズ王女はバッキンガム宮殿で結婚式を挙げ、ヴィクトリア女王はアレグザンダーをファイフ公爵およびマクダフ侯爵Marquess of Macduff; ともに連合王国貴族)に叙した[2]。このときの勅許状Letters patent)では、爵位は初代公の"heirs male of his body"(直系男子) に相続されると定められていたが、アレグザンダーとルイーズの間には夭逝した長男アラステア以後男子が生まれなかった。そこで1900年に女王は、「初代公の女子、およびその直系男子」にも相続を認めるというspecial remainder付きでファイフ公爵およびマクダフ伯爵Earl of Macduff; 連合王国貴族)に叙した[3]

1912年にアレグザンダーが歿すると、ファイフ伯爵(Earl FifeEarl of Fifeの両方)および第1期のファイフ公爵は断絶したが、第2期のファイフ公爵位は長女のアレグザンドラ王女によって相続された。アレグザンドラと夫アーサー王子の間に生まれた一人息子の第2代コノート公爵アラステア・ウィンザーAlastair Windsor, 2nd Duke of Connaught and Strathearn)は未婚のまま彼女より先に歿したため、妹モード王女(Princess Maud)とその夫の第11代サウスエスク伯爵チャールズ・カーネギーCharles Carnegie, 11th Earl of Southesk)の間に生まれたジェイムズ・カーネギーが3代公となった。

3代公となったジェイムズは、これに加えて父親からサウスエスク伯爵Earl of Southesk; 1633年創設)をはじめとするスコットランド貴族の爵位も相続した。彼の長男であるデイヴィッドは、法定推定相続人儀礼称号としてサウスエスク伯爵と称している。

ファイフ公爵 (第1期; 1889年)[編集]

ファイフ公爵 (第2期; 1900年)[編集]

出典[編集]

  1. ^ London Gazette: no. 25490, p. 3239, 1885年7月14日
  2. ^ London Gazette: no. 25958, p. 4077, 1889年7月27日
  3. ^ London Gazette: no. 27186, p. 2605, 1900年4月24日