ピート・バーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピート・バーンズ
2000年代、コンサートにて}
2000年代、コンサートにて
基本情報
出生名 ピート・バーンズ
出生 1959年8月5日(54歳) Birkenhead,イングランド
出身地 Port Sunlight, Bebington, Wirral, イングランド
ジャンル ポップ, ダンス, ニューウェーブ, Hi-NRG
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
活動期間 1977–
レーベル エピック・レコード
Sony Japan
Cleopatra Records
共同作業者 デッド・オア・アライヴ
公式サイト The Right Stuff: Official Dead or Alive website

{{{Influences}}}

ピート・バーンズ(Pete Burns、1959年8月5日-)はイギリス出身のシンガーソングライター。イギリスのハイエナジーバンドデッド・オア・アライヴ」のリーダーでありボーカルを務めている。妖艶なルックスに加え、容姿とは裏腹な野太いボーカルが印象的。

人物・来歴[編集]

生い立ち[編集]

1959年8月5日、イギリスのリバプールにて、ドイツ系ユダヤ人イギリス人の間に生まれた。母はユダヤ人であるためナチス政権に迫害を受け、ドイツからオーストリアに逃げていた時に、ウィーンにてイギリス軍の兵士だった父と知り合った[1] 。母親はオシャレな美女で人目をひく魅力があったが、異国の地での生活に馴染めず、アルコール使用障害精神疾患を患っていった。兄弟は11歳上のが一人おり、その兄の影響でビートルズ等の60年代の音楽にとても詳しくなった。だが、ピートの憧れはアメリカの女優や女性歌手だった。生活環境はかなり悪く、父親は勤勉な労働者であったが妻の堕落が受け入れられず半ば家庭放棄の状態であった。また、当時はユダヤ人に対する迫害も厳しかった。そんな中、専らピートが母親の世話をして暮らしていた。

少年期は実際は美少年だったにも係わらず顔に酷くコンプレックスを持っていたという。自分の顔が気に入らず顔に絵の具を塗ったり勝手に化粧するなどしていたという[2]。10代の頃から髪を染め、眉毛を剃って奇抜なファッションに身を包むようになった。そのため学校では浮いた存在となり登校拒否になった。

その後、学校を辞めロンドン美容院で働き始める。そこで先輩美容師のリンのファッションに衝撃を受けた。リンと交際を始め、自宅を出てリンの家族と同居するようになった。その後、リンと結婚

スターダム[編集]

1980年、「デッド・オア・アライヴ」のボーカルとしてデビュー。90年代のユーロビートの先駆け的な音楽と中性的な容姿と相まってたちまち人気を博し、80年代にヒット作を連発した。特に1985年に発売した「You Spin Me Round」が英国チャートで1位を獲得、また17カ国で1位を記録する大ヒットとなった。また、中性的カリスマとしてカルチャー・クラブボーイ・ジョージと人気を二分した。この頃はバンドメンバーのスティーヴとも同性愛関係にあり、妻のリンとスティーヴと共に3人で一緒に暮らしていた。

美への強い執着、整形と転落[編集]

経済的に成功を収め欲しい物を全て手に入れたピートであったが、幼年期から続く自分の顔へのコンプレックスは抜けなかった[2]。最初は昔から気に入らなかった鼻を整形する程度であったが、徐々にエスカレートし、儲けた金のほとんどを整形費用につぎ込むようになっていった。そして、整形医に勧められるまま唇に打ったジェル注射が原因で顔が変形し、その後死にも等しい苦しみと、闘病生活を余儀なくされた(唇に注入したジェルに対する炎症が顔面全体に広がり、肉芽腫を形成。また肉芽腫が血液を介して全身に播種し、腎臓血管を詰まらせて腎不全を起こし、加えて腸障害、失明の危機などに直面した)。なお、後にこの整形医に対し損害賠償請求を提訴し、和解が成立した。治療費を捻出するため貯金をすべて使い果たし、3億円の豪邸も売り払い、過去の楽曲の著作権も売り払った。また、再生手術を執刀したイタリア人医師から「顔が元に戻ることはない」と告げられ絶望の淵にいたピートであったが、その執刀医の「あなたにはまだ音楽が残っている」という言葉に励まされ音楽活動を再開した。

復活[編集]

この事件を面白がったテレビ局が、ピートに番組出演の話を持ちかけて来た。ピートは、まだ口が痛くて会話もまともにできない状態であったが、「歌を歌わせる」ことと「衣装を自分で選ばせる」ことを条件に出演することを承諾した。イギリス中のメディアが注目する中、ピートは高級リムジンで豪華な衣装を身にまとって会場に降臨し、その中性的な容姿とピートの歌声に観客は度肝を抜いた。この出演を機に色々なメディアからオファーが相次ぎ、芸能界での復活を果たした。その後発売したアルバムは全英5位を記録し、世界のメディアでも注目されるようになった。

プライベートでは25年間続いたリンと離婚。2003年にロンドンのレストランでウェイターをしていた10歳年下の男性と2007年7月6日に同性婚をした。

脚注[編集]

  1. ^ Burns, Pete; Cranna, Ian (2007). Freak Unique (Paperback ed.). John Blake Publishing Ltd.. ISBN 1-84454-438-9. 
  2. ^ a b 2010年9月8日放送の『ベストハウス123

外部リンク[編集]