ピーテル・アントニスゾーン・オーフルトワーテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーテル・アントニスゾーン・オーフルトワーテル
Pieter Anthonisz Overtwater
Overtwater.jpg
オーフルトワーテルと思われるペン画
(1644年頃、オランダ国立公文書館蔵)
生年月日 1610年
出生地 Statenvlag.svg ネーデルラント連邦共和国ホールン
没年月日 1682年4月28日または29日
死没地 Statenvlag.svg ネーデルラント連邦共和国バタヴィア

第9代台湾行政長官
任期 1646年 - 1649年
テンプレートを表示

ピーテル・アントニスゾーン・オーフルトワーテルオランダ語: Pieter Anthonisz Overtwaterまたはover 't Water、1610年頃 - 1682年4月28日または29日)は、オランダ東インド会社の人物。

生涯[編集]

1640年からオランダ東インド会社に勤務したが、それ以前は故郷のホールンで学校に勤務しており、商売の経験は無かった[1]

出島オランダ商館長を、1642年から1643年までと、1644年から1645年までの2回務めた。2回目の商館長として江戸に参府した際、大目付井上政重の屋敷に呼ばれ、東インドにおけるヨーロッパ諸国の勢力、ブレスケンス号乗員のその後、またタルタリア[2]への再度の航海の計画の有無などについて問われた。オーフルトワーテルはタルタリアとの交易の補給基地ともなる南部に寄港地を置きたいと提案しようとしたが、通詞には反対され、政重もそれを黙殺した[3]。逆に日本側は臼砲のことを知りたがったが、オーフルトワーテルはこれに積極的に答えることはなかった。

1646年から1649年までオランダ領台湾の行政長官を務めたが、そこでは批判されている[4]。台湾島の東海岸は会社に残されていたものの、利益を生まず、危険でもあった。

その後セイロン島で勤務し、1666年にはケープ植民地で勤務したが、当地でマラバルの奴隷たちに洗礼を行うことを提案している[5]。1677年にバタヴィアで開かれた臨時会議において、汚職または不公正取引を理由に解雇された[6]

脚注[編集]

  1. ^ Hesselink, R.H. (2000) Gevangenen uit Nambu. Een waar geschied verhaal over de VOC in Japan, p. 113. Google books
  2. ^ これはブレスケンス号の航海の目的は金銀島探検であったが、オランダはそれを隠してタルタリアとの交易が目的であったと幕府に報告していた。
  3. ^ 東京大学史料編纂所 日本関係海外史料 オランダ商館長日記 訳文編之九
  4. ^ Andrade, Tonio. “Appendix B”. How Taiwan Became Chinese. http://www.gutenberg-e.org/andrade/appB.html. 
  5. ^ http://databases.tanap.net/cgh/main.cfm?artikelid=20964&zoekwoord=1666
  6. ^ Gaastra, F.S. (1985) Constantijn Ranst en de corruptie onder het personeel van de VOC te Bengalen, 1669 - 1673, p. 126-127. In: Groenveld, S., M.E.H.N. Mout, I. Schoffer, Bestuurders en geleerden: opstellen over onderwerpen uit de Nederlandse geschiedenis van de zestiende, zeventiende en achttiende eeuw, aangeboden aan Prof. Dr. J.J. Woltjer bij zijn afscheid als hoogleraar van de Rijksuniversiteit te Leiden Amsterdam: De Bataafsche Leeuw. 1985.
先代:
ヤン・ファン・エルセラック
第11代オランダ商館長
1642年10月29日 - 1643年8月1日
次代:
ヤン・ファン・エルセラック(再任)
先代:
ヤン・ファン・エルセラック
第13代オランダ商館長
1644年11月24日 - 1645年11月30日
次代:
レイニール・ファン・ツム