ピーター・ドラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピーター・ドラン(Peter T. Doran)イリノイ大学シカゴ校地球環境科学科の助教授

2002年1月に学術雑誌ネイチャーで発表された南極大陸気温に関する論文の筆頭著者である。彼と同僚研究者は、南極大陸の一部が1986年から2000年の間に寒冷化していたことを発見した。そのため、アン・クールターマイケル・クライトンのような地球温暖化説の反対論者により、彼の論文は頻繁に引用されることになった。2006年7月27日、ドランはこれをニューヨーク・タイムズの論評において"misinterpretation (誤解)"と描写し、"I have never thought such a thing(私はこのような意見を考えたことはない)... I would like to remove my name from the list of scientists who dispute global warming.(地球温暖化を疑う科学者のリストから自分の名前を取り除きたい)"と述べた[1]

ドランの南極大陸における多くの重大な研究貢献を記念し、米国地質測量部は彼にちなんで南極の小川と氷河を命名した[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ピーター・ドランによるCold, Hard Facts ニューヨーク・タイムズ紙・2006年7月27日
  2. ^ Doran Stream Doran Glacier オーストラリア政府による南極大陸の地名データベース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]