ピーター・オニール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーター・オニール
Peter O'Neill
Peter O'Neill APEC 2013.jpg
ピーター・オニール(2013年10月)
生年月日 1965年2月13日(49歳)
出生地 パプアニューギニアの旗 パプアニューギニア南部山岳州イアリブ=パンギア地区
出身校 パプアニューギニア大学
所属政党 人民国家会議党
称号 聖マイケル・聖ジョージ勲章三等
配偶者 リンダ・マイ・ババオ[1]

任期 2012年8月4日 -
元首 エリザベス2世

任期 2012年2月27日 - 8月6日
テンプレートを表示

ピーター・チャールズ・ペア・オニール英語: Peter Charles Paire O'Neill1965年2月13日 - )は、パプアニューギニアの政治家[2][3]。イアリブ=パンギア選挙区選出の国会議員で、人民国家会議党の代表を務める。2012年8月4日、パプアニューギニアの第9代首相に就任した。

人物[編集]

父のブライアン・オニールはオーストラリア出身で、父方がアイルランド系の行政官[4]。母のアワンボ・ヤリは南部高地出身のパプアニューギニア人だった。ブライアンはオーストラリア政府の佐官としてパプアニューギニアに赴任した1949年以来、キアップ(パプアニューギニアの独立前、広範な権限を持って各地を巡回したイギリスおよびオーストラリア政府の代理人)の職業柄トクピシンを習得し、1982年に死去するまでゴロカで行政官を務め続けた[2][5]

オニールはパンギア小学校、イアリブ高校、ゴロカ高校で教育を受けた。その後、パプアニューギニア大学に進み、1986年に会計学と商学の学位を得て卒業した[2][6]

政界に入る前のオニールは実業家だった[6]。2011年現在で妻のリンダとポートモレスビーに居住し、2男3女の5人の子供がいる。トラビスとパトリックはパプアニューギニアにいるが、ブライアンはオーストラリアの寄宿学校に入っている。ロリスとジョアンはともにオーストラリアのクイーンズランド州にある大学に通っている。

政治経歴[編集]

オニールは2002年の国会議員選挙で当選し、同年大臣に抜擢された[6]。2004年に野党の院内総務に就任し、2007年にはマイケル・ソマレ首相の政府に出納係として加わった[2]

ソマレが病気療養を理由に政務から退いているあいだ、オニールはサム・アバル首相代行のもとで労働相を務めた。2011年8月、彼はアバルを権力の座から引きずり下ろすため、野党陣営に与した。2011年8月2日、オニールは国会における投票で首相代行に選出され、後日、総督の立ち合いのもと宣誓を行った[7][8]

8月にオニールが首相として初めて、民間企業相のメケレ・モラウタとともに講じた処置のひとつに、国有企業のインディペンデンス・パブリック・ビジネス・コーポレーション (IPBC) で社長を務めていたグレン・ブレイクの解任があった。政府はブレイクを職権乱用、つまり資金を違法ならびに無分別に使用したかどで告発した。モラウタはIPBCは「秘密の厚いベール」のもと経営されてきたとし、オニール政権は「開かれた公正なIPBCの経営管理が回復される」ことを望むと述べた[9]

また、オニールは8月26日を「悔恨の日」という新しい国民の休日に定めた。この発表は8月26日のわずか11日前に、最小限の情報をもってなされたに過ぎなかった。「悔恨の日」はアバルが失職する直前にも、同様の考えを持ってアバルに接近していた「教会のグループ」の要望により制定された[10]

2011年12月12日にパプアニューギニアの最高裁判所が2011年8月にソマレ首相が解任されたことは違法との裁定を下すと、オニールの首相としての地位に疑いが呈された。オニールは正当な首相であることを裏付けてもらうため、総督邸に出向いたが、武装した複数の警察官に阻まれた。国会議長のジェフリー・ナペは、ソマレは「一般人」であって国会議員ではなく、オニールが正当な首相となる状況にあると述べたと報じられた[11]

2012年2月、オニールは連立パートナーのドン・ポリェ財相を解任した[12]

脚注[編集]

  1. ^ Essoyan, Susan (2011年11月13日). “First Lady shows off Hawaii's beauty and food at Kualoa lunch”. Honolulu Star Advertiser. http://www.staradvertiser.com/news/breaking/133777848.html 2011年11月13日閲覧。 
  2. ^ a b c d Callick, Rowan (2011年8月3日). “PNG vote weakens link to Michael Somare era”. The Australian. http://www.theaustralian.com.au/news/world/png-vote-weakens-link-to-michael-somare-era/story-e6frg6so-1226106949915 2011年8月2日閲覧。 
  3. ^ Michael Somare's struggle to regain PNG leadership not over, says daughter
  4. ^ “Muddy succession: An ousting of the grand chief”. The Economist. (2011年8月6日). http://www.economist.com/node/21525437 2011年8月4日閲覧。 
  5. ^ “Service delivery on way”. Highlands Post. (2006年2月15日). http://www.postcourier.com.pg/20060215/hpost01.htm 2011年8月4日閲覧。 
  6. ^ a b c Bio-Data - Minister O'Neill”. Papua New Guinea Department of Treasury. 2011年8月3日閲覧。
  7. ^ Blackwell, Eoin (2011年8月2日). “PNG chooses new prime minister”. Sydney Morning Herald. http://news.smh.com.au/breaking-news-world/png-chooses-new-prime-minister-20110802-1i9dh.html 2011年8月2日閲覧。 
  8. ^ Nicholas, Isaac (2011年8月3日). “O'Neill is PM”. The National (Port Moresby). http://www.thenational.com.pg/?q=node/21728 2011年8月4日閲覧。 
  9. ^ "PM cracks whip", The National, 25 August 2011
  10. ^ "Day of Repentance puzzles Papua New Guinea", Australian Broadcasting Corporation, 26 August 2011
  11. ^ Rival prime ministers square off in PNG, Australian Broadcasting Corporation, 13 December 2011
  12. ^ http://www.thenational.com.pg/?q=node/29601

外部リンク[編集]

公職
先代:
サム・アバル
(代行)
パプアニューギニアの首相
2012年 - 現職
現職