ピーター・アトキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーター・アトキンス

ピーター・ウィリアム・アトキンスPeter William Atkins, 1940年8月10日 - )はオックスフォード大学リンカーン・カレッジの化学教授、フェロー。化学系教科書の多作家として知られる。代表的な著作に、Atkins' Physical Chemistry (現在はハヴァーフォード大学のジュリオ・デ・パウラと共著、ISBN 0-19-879285-9)、Molecular Quantum MechanicsInorganic Chemistryジョージ・エドワード・シュライバーと共著、ISBN 0-19-850330-X)がある。また、通俗科学の作家として、Molecules and Galileo's Finger: The Ten Great Ideas of Science などを書いた。

アトキンスは無神論者であり、ヒューマニズム無神論、及び科学宗教の不和合性の問題について執筆、講演している。また、オックスフォード世俗協会Oxford Secular Society)のシニア・メンバーでもある。

レスター大学で学び、化学の学士号を取得後、1964年に電子スピン共鳴及びその他の理論化学的様相の研究で博士号を取得。1969年、王立化学会メルドラ・メダルを受賞。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で物理化学を教えた後、オックスフォード大学リンカーン・カレッジで現在に至るまで物理化学を教えている。

1990年にフェローのスーザン・グリーンフィールドと結婚したが、2003年に離婚した。

外部リンク[編集]