ピーコ (イタリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーコ
Pico
ピーコの風景
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Lazio.svg ラーツィオ
Blank.png フロジノーネ
CAP(郵便番号) 03020
市外局番 0776
ISTATコード 060051
識別コード G592
分離集落
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 3,000 [1](2012-01-01)
人口密度 91.9 人/km2
文化
住民の呼称 picani
守護聖人 Sant'Antonino
 (it:Antonino di Apamea
祝祭日 9月2日
地理
座標 北緯41度27分0秒 東経13度33分0秒 / 北緯41.45000度 東経13.55000度 / 41.45000; 13.55000座標: 北緯41度27分0秒 東経13度33分0秒 / 北緯41.45000度 東経13.55000度 / 41.45000; 13.55000
標高 190 (65 - 803) [2] m
面積 32.65 [3] km2
ピーコ (イタリア)の位置(イタリア内)
ピーコ (イタリア)
ピーコの位置
フロジローネ県におけるコムーネの領域
フロジローネ県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

ピーコイタリア語: Pico)は、イタリア共和国ラツィオ州フロジノーネ県にある、人口約3000人の基礎自治体コムーネ)である。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

フロジノーネ県南部、アウソニ山地 (it:Monti Ausoniの北麓に位置する。カッシーノから西南西へ約23km、県都フロジノーネから東南へ約27km、ナポリから北西へ約90km、ローマから東南へ約101kmの距離にある。

アウソニ山地を隔てて、南にラティーナ県と接する。

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。LT はラティーナ県所属。

地勢[編集]

コムーネの領域の南部は山地、北部は平地となっている。山地は自然公園 (it:Parco naturale dei Monti Aurunciとして保護されている。

歴史[編集]

第二次世界大戦中の1943年から1944年にかけて、ドイツの占領下に置かれた。イタリア戦線の戦いにおいて、ドイツ軍の防衛線「グスタフ線」がこの地に引かれ、村は戦渦に巻き込まれた。ドイツ軍の暴行や、大量の爆撃によって村民90人が犠牲になり、家屋や農作物は多大な被害を受けた。戦後、イタリア政府はコムーネに対し、占領下の受苦に耐えた勇気と誇り、困難な復興を成し遂げた努力を顕彰して、市民勲章 (it:merito civile銀メダルの栄誉を授けている。

人口[編集]

居住地区別人口[編集]

国立統計研究所(ISTAT)は居住地区(Località abitata)別の人口として以下を掲げている[2]。統計は2001年時点。

地区名 標高 人口 備考
PICO 65/803 3,123
PICO * 190 726
Capocroce 140 62
Colle Ponte 120 89
Cupone 175 46
Ponte Odioso 119 63
Case Sparse - 2.137
  • ISTATは人口統計上、家屋密度の高い centro abitato (居住の中心地区)、密度の低い nucleo abitato (居住の核となる地区)、まとまった居住地区を形成していない case sparse (散在家屋)の区分を用いている。上の表で地名がすべて大文字で示されているものが centro abitato である。「*」印が付されているのは、コムーネの役場・役所 la casa comunale の置かれている地区である。

人口推移[編集]

交通[編集]

村内に、アウソニ山地を縦貫する道路 SR82(SS82) が通っている。北はサン・ジョヴァンニ・インカーリコを経てフロジローネにつながっており、南は約12kmの山道を隔ててカンポディメーレに至る。

行政[編集]

フロジノーネ県南部のパステナポンテコルヴォサン・ジョヴァンニ・インカーリコファルヴァテッラとともにグロンデ・モンティ・アウソニ山岳自治体 (it:Comunità Montana Gronde Monti Ausoniを構成しており、その中心コムーネである。

脚注[編集]

外部リンク[編集]