ピークスキル隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国立自然史博物館に展示されているピークスキル隕石

ピークスキル隕石(ピークスキルいんせき、Peekskill Meteorite)は1992年10月9日アメリカ合衆国ニューヨーク州ピークスキルPeekskill)郊外に駐車中の車のボンネットに落下した隕石である。

概要[編集]

ピークスキル隕石は12.4kg。ボウリング・ボール大のH6 monomict breccia 隕石である。

ケンタッキー州上空に突入角3.4度、秒速14.7kmで侵入したピークスキル隕石は-12.8等級よりも明るく輝いた。 40秒間にわたって大火球が人口密集地帯上空を通過したため、16台以上のビデオカメラによって隕石がばらばらに砕けて落下していく様子が撮影された、世界でもっとも有名な隕石落下事件の一つである。隕石落下によって破損した車(シボレー・マリブ)の展示ツアーが世界各地で実施され、東京でも展示された。

映像の解析による落下軌道の特定により、ピークスキル隕石の詳しい軌道が解明された。ピークスキル隕石は軌道長半径1.49天文単位、公転周期1.82年のアポロ群小惑星だったことが判明している[1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]