ピロシュカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハギア・ソフィア大聖堂にある聖母子皇帝ヨハネス2世コムネノス・エイレーネー(ピロシュカ。右)夫妻のモザイク

ピロシュカ(Piroska、1088年 - 1134年8月13日)は、東ローマ帝国コムネノス王朝の第2代皇帝ヨハネス2世コムネノス皇后。父はハンガリーラースロー1世、母はアデライデ・フォン・ラインフェルト

エステルゴムで生まれる。2歳で母と、7歳で父と死別して孤児となった彼女は、父の跡を継いでハンガリー王となった従兄カールマーン1世のもとで育てられた。

カールマーンは東ローマ皇帝アレクシオス1世コムネノスと交渉し、ピロシュカを皇子のいずれかに娶せようと計画した。ピロシュカは、1092年より父と共同統治帝となっていたヨハネス・コムネノスと結婚することとなった。

1104年にピロシュカはコンスタンティノープルで結婚し、名前もギリシャ風にエイレーネー(Irene、中世ギリシャ語では「イリニ」)と変えた。2人の間には、8人の子が生まれた。

  • アレクシオス(在位:1122年 - 1142年、父と共同統治帝)
  • マリア
  • アンドロニコス
  • アンナ
  • イサキオス
  • テオドラ
  • エウドキア
  • マヌエル1世(皇帝)

1134年に死去し、正教会において聖人に列せられた。