ピルヨ・ムラネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
フィンランドの旗 フィンランド
女子 クロスカントリースキー
オリンピック
2010 バンクーバー 4x5kmリレー
ノルディックスキー世界選手権
2001 ラハティ 個人スプリント
2007 札幌 4x5kmリレー
2009 リベレツ 4x5kmリレー
2005 オーベルストドルフ 団体スプリント
2009 リベレツ 個人スプリント
2011 オスロ 4x5kmリレー

ピルヨ・ムラネン(Pirjo Elina Muranen、 1981年3月8日- )はフィンランドロバニエミ出身のクロスカントリースキー選手。旧姓はマンニネン(Manninen)。ノルディック複合選手のハンヌ・マンニネンは実兄。

プロフィール[編集]

1998年のノルディックスキージュニア世界選手権で5kmフリー5位、15kmクラシカル4位、リレーでは銀メダル獲得という好成績で頭角を現し、同年3月のラハティスキーゲームズクロスカントリースキー・ワールドカップにデビューした。 翌1999年のジュニア世界選手権では5kmクラシカル銀メダル、15kmフリー6位、リレーで金メダルを獲得した。さらに2000年のジュニア世界選手権では5kmフリー銀メダル、スプリント金メダル、15kmクラシカル銅メダル、リレー7位と大活躍した。

2000/2001シーズンはワールドカップで12月に初優勝を飾ると1月末のジュニア世界選手権では15kmフリー金メダル、5kmクラシカル銀メダル、スプリントで金メダルを獲得、続くノルディックスキー世界選手権でもスプリントで金メダルを獲得した。ワールドカップではスプリント部門で3勝してシーズン2位となった。

2005年ノルディックスキー世界選手権ではチームスプリントで銀メダルを獲得。2007年の世界選手権日本札幌)では4x5kmリレーで金メダルを獲得した。この大会では兄のハンヌ・マンニネンもノルディック複合で2個の金メダルを獲得し、史上はじめて兄妹が同一大会で金メダルを獲得した。

2007年6月30日にVille Muranenと結婚しピルヨ・ムラネンとなった。

2009年ノルディックスキー世界選手権チェコリベレツ)でも4x5kmリレーで2大会連続の金メダルを獲得。2011年ノルディックスキー世界選手権オスロ)では4x5kmリレー銅メダル。

2010/2011シーズン終了時点でワールドカップ通算5勝(2位6回3位3回)、総合は2008/2009シーズンの7位が最高位。スプリント部門では2000/2001シーズンの2位が最高位。

外部リンク[編集]