ピルビン酸デヒドロゲナーゼ (アセチル基転移)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピルビン酸デヒドロゲナーゼ (アセチル基転移)
識別子
EC番号 1.2.4.1
CAS登録番号 9014-20-4
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

ピルビン酸デヒドロゲナーゼ (アセチル基転移)(pyruvate dehydrogenase (acetyl-transferring))は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

ピルビン酸 + [ジヒドロリポイルリシン残基アセチルトランスフェラーゼ]リポイルリシン \rightleftharpoons [ジヒドロリポイルリシン残基アセチルトランスフェラーゼ]S-アセチルジヒドロリポイルリシン + CO2

反応式の通り、この酵素の基質はピルビン酸と[ジヒドロリポイルリシン残基アセチルトランスフェラーゼ]リポイルリシン、生成物は[ジヒドロリポイルリシン残基アセチルトランスフェラーゼ]S-アセチルジヒドロリポイルリシンと二酸化炭素である。

組織名はpyruvate:[dihydrolipoyllysine-residue acetyltransferase]-lipoyllysine 2-oxidoreductase (decarboxylating,acceptor-acetylating)である。

参考文献[編集]

  • OCHOA S (1954). “Enzymic mechanisms in the citric acid cycle”. Adv. Enzymol. Relat. Subj. Biochem. 15: 183–270. PMID 13158180. 
  • Scriba P and Holzer H (1961). “Gewinnung von alphaHydroxyathyl-2-thiaminpyrophosphat mit Pyruvatoxydase aus Schweineherzmuskel”. Biochem. Z. 334: 473–486. 
  • Perham RN (2000). “Swinging arms and swinging domains in multifunctional enzymes: catalytic machines for multistep reactions”. Annu. Rev. Biochem. 69: 961–1004. doi:10.1146/annurev.biochem.69.1.961. PMID 10966480.