ピリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピリックpyrrhicまたはdibrach弱弱格)は韻脚の1つ。古代ギリシア詩やラテン語詩などの古典詩ではピュリキオスpyrrhichiosまたはpyrrhus, dibrach短短格)と呼ばれる。2つのアクセントの弱い音節(古典詩では2つの母音が短い音節)から成る[1]

アルフレッド・テニスンはピリックとスポンデーを頻繁に使った。以下、その例である(『In Memoriam A.H.H.』1849年)。

Be near me when my light is low,
When the blood creeps and the nerves prick
And tingle; and the heart is sick,
And all the wheels of Being slow.
-from In Memoriam.

2番目の行の「When the」、「and the」、3番目の行の「-le; and」がピリックである。

ピリックは単独では詩に使われない。単調な効果を生むからである[2]

脚注[編集]

  1. ^ Harry Rusche, A Handbook of Terms for Discussing Poetry, Emory University Department of English [1] Last accessed 20 December 2006
  2. ^ "Rhythm, Meter, and Scansion Made Easy," Riverdale School, [2] Last accessed 20 December 2006

外部リンク[編集]