ピリカ遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピリカ遺跡(ぴりかいせき)は、北海道今金町にある旧石器時代遺跡美利河遺跡とも表記される。国の史跡に指定されている。

渡島半島ピリカベツ川流域の台地上にある。1983年(昭和58年)以来、美利河ダムの建設工事に伴って発掘調査が行われて、調査面積1585平方メートルの範囲から細石刃・尖頭器をはじめ、細石刃核・刻器削器ドゥナイト製の玉などが大量に出土した。出土品の分析により、これらの石器は3ないし5つの時期に分けることが可能で、黒曜石は北海道各地から、玉は遠く大陸からもたらされたことが判明している。出土品は11万点以上にのぼるが、そのうち各時期を代表する石器、接合資料など163点が「北海道美利河1遺跡出土品」の名称で重要文化財に指定されている(ピリカ旧石器文化館保管)。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯42度28分35.6秒 東経140度12分17.3秒 / 北緯42.476556度 東経140.204806度 / 42.476556; 140.204806