ピラール・ロペス・デ・アジャラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピラール・ロペス・デ・アジャラ
Pilar López de Ayala
本名 María del Pilar López de Ayala Arroyo
生年月日 1978年9月18日(35歳)
出生地 スペインの旗 スペインマドリード
職業 女優
ジャンル テレビ・映画
活動期間 1995年 -
主な作品
女王フアナ

ピラール・ロペス・デ・アジャラ(Pilar López de Ayala、1978年9月18日 - )は、スペイン女優

バイオグラフィ[編集]

スペインマドリード出身[1]大航海時代の航海者であるコロンブスの子孫であり、コロンブスの長男ディエゴ・コロン家の流れを汲む貴族の出である[2]

スペインのハイメ・チャバーリJaime Chavarri)監督の作品で1960年代のフランコ体制下を舞台とする2000年公開の映画『Besos para todos』で、2001年度ゴヤ賞新人女優賞にノミネートされた。

スペインで2001年公開のビセンテ・アランダ監督作品である映画『女王フアナ』でフアナ女王役を演じ、2001年度のサン・セバスティアン国際映画祭で銀の貝殻賞主演女優賞を受賞、同映画で、2002年度ゴヤ賞主演女優賞を受賞した。

著名なバスク人作家ベルナルド・アチャーガBernardo Atxaga)の著書を原作とする2005年に公開された架空と実念論的空間が複雑に交差し絡み合う世界を描いたナバーラ州出身の監督モンチョ・アルメンダリスMontxo Armendariz)の映画『Obaba』で先生役を演じ、2006年度ゴヤ賞助演女優賞にノミネート、2010年に公開されたアンドルーシャ・ワディントンAndrucha Waddington)監督のスペイン、ブラジル合作映画『Lope』でエレーナ・オソリオ役を演じ、ゴヤ賞助演女優賞に再びノミネートとなり、2011年公開の映画『イントルーダーズ』で、ゴヤ賞の助演女優賞にみたびノミネートされている。

フィルモグラフィ[編集]

受賞とノミネート[編集]

参考[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Pilar Lopez de Ayala”. Filmbug. 2012年9月22日閲覧。
  2. ^ Jaime de Salazar y Acha. Estudio Histórico Sobre una Familia Extremeña – Los Sánchez-Arjona, Real Academia Matritense de Heráldica y Genealogía, Madrid, 2000, p. 342

外部リンク[編集]