ピラミッド (トランプ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カードの並べ方

ピラミッドとは、トランプにおける遊び方の一つ。1人用のゲームである。

遊び方[編集]

使用カード[編集]

ジョーカーを除く52枚のカードを使用する。

一般的なルール[編集]

「ピラミッド」のルールには様々なバリエーションが存在し、トランプについて扱った書籍や、ゲームソフト、オンラインゲーム等によって、それぞれ異なるルールが採用されている。
ここでは、ごく一般的なルールについて説明する。

準備[編集]

  • まず準備として、1段目には1枚、2段目には2枚、という様にして、7段目の7枚まで、図のようなピラミッド状に並べる。その際、全ての段で、1枚のカードの左下部分と右下部分に、下段のカードが重なるように並べる。また、1段目から6段目までは裏向きに並べ、最後の7段目のカードは全て表向きにする。
  • 残りのカードは、手元に裏向きにして積み重ねておく(これを手札とする)。準備は以上である。

プレイ[編集]

  • まず、7段目の7枚を見て、マークに関係なく数字の合計が13となるような2枚のカード(6と7など)を除去する。その際、エースは1、ジャックは11、クィーンは12、キングは13とし、キングは単独で除去することができる。そして、6段目のカードで、重なっている部分がなくなったカードがあれば、表向きにすることができる。このようにして、カードを除去してゆき、重なった部分がなくなったカードがあり次第表向きにして、徐々にピラミッドを崩していく。
  • もし、ピラミッド内に除去できるカードがない場合は、手札の一番上のカードを表向きにして、そのカードとピラミッド内のカードで13をつくることができれば、除去することができる。手札1枚を合わせても除去するカードがなかった場合は、その手札1枚は捨て札として別の場所に表向きに積み重ねていく。そしてまた手札のカードを1枚表向きにする。
  • また、捨て札の山の一番上のカードで、ピラミッド内のカードと合わせて13にすることができれば、除去が可能である。
  • このようにしてピラミッドを崩してゆき、ピラミッドの全てのカードを除去できれば、このゲームは成功となる。

バリエーション[編集]

このゲームは前述のとおり、ルールに様々なバリエーションが存在し、ルールによって難易度が上下したり、ゲーム性が変わったりする。
ここでは、幾つかのバリアントルールについて、一般的なルールとの相違点を取り上げる。

  • リディールを認める
手札がなくなった場合は、捨て札を回収して新しい手札にすることができる。その際、捨て札の重なり順は崩してはならず、シャッフルもしてはならない(クロンダイク等と同じ)。リディールには、1回まで、2回まで、3回までなど、可能な回数にあらかじめ制限を設けておく。
  • ピラミッドのカードを全部表向きにする
先読みが可能になり、ゲーム性が大幅に変化する。
  • ピラミッドのカードだけでなく、手札や捨て札も全部除去しなければ成功とみなさない
このルールの場合、手札と捨て札を組み合わせて除去することも可能とする。
  • 合計を13ではなく14にして取り除く
この場合、キング(13)を単独で取るというルールは無くなり、除去するカードは必ず2枚ずつになる。
  • カードとカードが1対1で重なっている時に限り、この2枚を組み合わせて取ることもできるものとする(前記の「ピラミッドのカードを全部表向きにする」ルールも併せて採用する)。
  • 捨て札を使える回数を制限する。
  • ジョーカー(どんな数字の代わりにもなるカード)を○回だけ使えるようにする。
  • 3枚以上でも合計が13になれば取り除くことができる。