ピラニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピラニン
識別情報
CAS登録番号 6358-69-6
PubChem 4136521
EINECS 228-783-6
特性
化学式 C16H7Na3O10S3
モル質量 524.37
外観 黄緑色結晶性粉末
への溶解度 可溶
危険性
主な危険性 XI
Rフレーズ 36/37/38
Sフレーズ 26-36
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ピラニン(Pyranine)は、アリールスルホネートとして知られる、親水性pH感受性蛍光色素である[1][2]。ピラニンはに可溶で、着色剤、光学的な生物学的染料およびpH指示薬としての用途を持つ[3][4]。例えば、細胞内pHの計測に使われている[5]

脚注[編集]

  1. ^ chem industry entry”. 2007年12月31日閲覧。
  2. ^ Comparative Toxicogenomics Database entry”. 2007年12月31日閲覧。
  3. ^ chemical land 21 entry”. 2007年12月31日閲覧。
  4. ^ Sci-Toys entry”. 2007年12月31日閲覧。
  5. ^ Loading pyranine via purinergic receptors Bing by Siang Gan”. 2007年12月31日閲覧。

関連項目[編集]