ピューリッツァー賞 ニュース速報報道部門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピューリッツァー賞 ニュース速報報道部門(ピューリッツァーしょう ニュースそくほうほうどうぶもん、Pulitzer Prize Breaking News Reporting)はピューリッツァー賞の部門の一つ。優れたニュース速報報道に与えられる。

名称の変遷[編集]

この部門の名前は何度も変更されており、1953年から1963年まではLocal Reporting、1964年から1984年はLocal General or Spot News Reporting、1985年から1990年まではGeneral News Reporting、1991年から1997年まではSpot News Reportingという名前であった。

受賞[編集]

受賞リスト[1]
受賞者 所属 内容
1998 スタッフ ロサンゼルス・タイムズ ノース・ハリウッドにおいて、警察と打ち合いになった銀行強盗に関する報道に対して。
1999 スタッフ ハートフォード・クーラント コネティカット州の宝くじで働く人物が銃を乱射した事件の報道に対して。この事件で4人が亡くなった。
2000 スタッフ デンヴァー・ポスト コロンバイン高校銃乱射事件に関する報道に関して。
2001 スタッフ マイアミ・ヘラルド キューバからの難民の息子であるエリアン・ゴンザレスが連邦捜査員により強制的に身柄確保された件に関する報道に対して。
2002 スタッフ ウォール・ストリート・ジャーナル 世界貿易センタービルへの攻撃に関する報道に対して。
2003 スタッフ イーグル・トリビューン マサチューセッツ州メリマック川で溺れた4人の少年の報道に対して。
2004 スタッフ ロサンゼルス・タイムズ 南カリフォルニアの人口密集地が危険に晒された大規模な山火事に関する報道に対して。
2005 スタッフ スター・レッジャー ニュージャージー州の州知事Jim McGreeveyがカミングアウトの後に辞任した件に関する報道に対して。
2006 スタッフ タイムズ=ピカユーン ハリケーン・カトリーナで被災しながらも、勇敢に取材し続けたことに対して。
2007 スタッフ オレゴニアン オレゴン州の雪山で遭難した男性スキーヤーの捜索活動をねばり強く報道したことに対して。なお、遭難した男性は亡くなっている。
2008 スタッフ ワシントン・ポスト バージニア工科大学での乱射事件においての紙面・オンラインによる多面的な報道に対して。
2009 スタッフ ニューヨーク・タイムズ ニューヨーク州知事、エリオット・スピッツァーの買春疑惑を報じたことについて。スピッツアー知事は後に、知事の職を辞している。

脚注[編集]

  1. ^ Breaking News Reporting”. The Pulitzer Prizes. 2014年4月17日閲覧。