ピペリレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピペリレン[1]
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 504-60-9 チェック
PubChem 62204
EINECS 207-995-2
特性
化学式 C5H8
モル質量 68.12 g mol−1
外観 無色液体
密度 0.683 g/cm3
沸点

42 °C, 315 K, 108 °F

危険性
Rフレーズ R11 R36 R37 R38
Sフレーズ S16 S26 S36 S37 S39
引火点 < −30 °C
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ピペリレン(Piperylene)は、揮発性で可燃性の炭化水素である。5つの炭素鎖から構成され、2つの二重結合を持つ。原油からエチレンを生産する際の副産物として生産される。1,3-ペンタジエン(1,3-Pentadiene)とも呼ばれる。

ピペリレンはプラスチック接着剤樹脂を作る際のモノマーとして用いられる[2]。ピペリレン自体は無色である[3]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Safety (MSDS) data for piperylene. Retrieved 2007-11-14.
  2. ^ Piperylene at Shell Chemicals. Retrieved 2009-05-19.
  3. ^ http://msds.chem.ox.ac.uk/PI/piperylene.html