ピッフェロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Piffero
Ettore Losiniが演奏するピッフェロ。イタリア、エミリア=ロマーニャ州ピアチェンツァ近郊のボッビオ

ピッフェロpiffero)またはピッファロpiffaro)は、円錐形で内部に空間のある、ダブルリードの楽器。オーボエ属である。ピッフェロはイタリアアペニン山脈北西部の山や谷の地域、具体的にアレッサンドリア県ジェノヴァ県ピアチェンツァ県パヴィーア県などquattro province(it:Quattro province)の伝統の中で、音楽の演奏に使われている。

ピッフェロは中世ショームの子孫で、ブルターニュ半島やコーンウォール地方で使われるボンバルデen:Bombarde)と同族である。高さはGに調節されている。

ピッフェロが用いるリードは、それ自体が「pirouette」の中に挿入された円錐形の黄銅の管の中に挿入されている。これは東洋や古代のオーボエと共通の構造で、イタリアでは珍しい。

ピッフェロは8つの穴が開けられている。そのうち1つは背面にあり、普通左手の親指で覆う。さらにベル(朝顔)の部分には雄鳥の尾の羽根がつけられている。これはリードを掃除する時に使うもので、演奏中は普通使われない。

ピッフェロには伝統的に、「müsa」または「müsa appenninica」(it:Müsa)と呼ばれるアペニン地方のバグパイプの伴奏がついている。20世紀初期になって、「müsa」は音楽家にとってより融通の利くアコーディオンに広く取って代わられた。しかし、20世紀末になるとバグパイプが復活し、今日ではバグパイプ、アコーディオンのどちらか、あるいは両方と一緒に演奏されるのが普通である。

「bifora」または「pifara」(en: bifora)と呼ばれるシチリアのもう少し大きな楽器は、ピッフェロと関係がある。

「ピッフェロ」の他の使われ方[編集]

「ピッフェロ」という語は時に、ショームの仲間の音を模倣するオルガンのストップの名前として使われることがある[1]。一方で、横吹きのと似た響きをした「Voce Umana(人間の声)」(Vox Humana)と呼ばれることもある[2]

イタリア語のピッフェロはファイフ(en:Fife (musical instrument))を指すこともあり、ミヒャエル・ハイドンの『交響曲 ハ長調 ペルガー番号10』では普通のフルートに加えてピフェッリ(pifferi)を指示している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「ピッフェロ」は、イタリアに関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正等して下さる協力者を求めていますP:イタリア/PJイタリア)。