ピッツバーグ (重巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Pittsburgh (CA-72)
艦歴
発注:
起工: 1943年2月3日
進水: 1944年2月2日
就役: 1944年10月10日
退役: 1956年8月28日
除籍: 1973年7月1日
その後: 1974年に廃棄
性能諸元
排水量: 13,600 トン
全長: 674 ft 11 in
全幅: 70 ft 10 in (31.4 m)
吃水: 20 ft 6 in
機関:
最大速: 33 ノット
乗員: 士官、兵員1,142名
兵装: 55口径8インチ砲9門、
5インチ砲12門、
20mm機銃48基
搭載機: 2機

ピッツバーグ (USS Pittsburgh, CA-72) は、アメリカ海軍重巡洋艦ボルチモア級重巡洋艦の5番艦。艦名はペンシルベニア州ピッツバーグに因む。その名を持つ艦としては3隻目。当初の艦名はオールバニ (Albany) と予定されていた。

艦歴[編集]

ピッツバーグは1943年2月3日にマサチューセッツ州クインシーベスレヘム・スチール社で起工し、1944年2月22日にコーネリアス・D・スカリー夫人(ピッツバーグ市長の妻)によって進水、1944年10月10日にボストン海軍工廠でジョン・E・ギングリッチ艦長の指揮下就役する。

ピッツバーグは東海岸沿いおよびカリブ海で訓練を行い、1945年1月13日にボストンを出航し太平洋での任務に向かう。パナマに寄港し、ハワイで最終の砲撃訓練を行った後、2月13日にウルシー環礁で第58任務部隊に合流、ピッツバーグは航空母艦レキシントン (USS Lexington, CV-16) を中心とする第58.2任務群に配属された。

ピッツバーグは第二次世界大戦中の戦功で2つの従軍星章を受章した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]