ピッチャー (容器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピッチャー: pitcher)とは、耳型の取っ手と注ぎ口をもつ水差し[1]、もしくは2つの取っ手を持つ陶器製の液体容器[2]。認定や選択の象徴とされている[2]

食事の際にコーヒー牛乳ジュースなどの飲み物を供するため、あるいは料理用の液体調味料を入れておくために用いられる容器。前者はドリンクピッチャー、後者はクッキングピッチャーなどとも呼ばれる。フランス語ではカラフェ: Carafe)という。

ドリンクピッチャーは用途に応じて、それぞれ、水を入れるためのものはウォーターピッチャー、お茶を入れるためのものはティーピッチャー、コーヒーを入れるためのものはコーヒーピッチャー、牛乳を入れるためのものはミルクピッチャー、ジュースを入れるためのものはジュースピッチャーとも呼ばれる。このうちミルクピッチャーは、コーヒー茶碗及び受け皿、コーヒーポット、砂糖入れとともに組物としてコーヒーセットを構成する[3]。また、ミルクピッチャーは、紅茶碗及び受け皿、ティーポット、砂糖入れとともに組物として紅茶セットを構成する[3]

びん状の水差しの口の部分に蓋と兼用のコップをかぶせたものは冠水瓶という[3]

形状は様々なものがあるが、一般に注ぎ口がある。材質としては、陶器製ガラス製プラスチック製のものがある。また、ピッチャーには蓋付きのものと蓋のないものがあり、大型のものには取っ手が付いていることが多い。保温の機能をもつものや保冷の機能をもつものもある。

出典[編集]

  1. ^ 大修館書店 『ジーニアス英和辞典(第4版)』 1463頁
  2. ^ a b 大修館書店 『ジーニアス英和辞典(第4版)』 1464頁
  3. ^ a b c 意匠分類定義カード(C5) 特許庁
[ヘルプ]

関連項目[編集]