ピタネのアウトリュコス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピタネのアウトリュコス(Autolycus of Pitane 、紀元前360年頃 - 紀元前290年頃)は古代ギリシア天文学者数学者地理学者である。

小アジアの、アイオリス地方のピタネに生まれた。生涯については何も知られていない。アウトリュコスの著作はアテネで紀元前335年から紀元前300年の間に完成した。2つの著書『運動する球体について』と『天体の出没につい』は古代ギリシャの数学書として完全な形で残っている最古のものであるとされる。エウクレイデスによってアウトリュコスの業績は引用されておりアルケシラウスはアウトリュコスに教えを受けたことが知られている。16世紀にマウロリクス=フランチェスコ・マウロリーコによってアウトリュコスの作品はラテン語に翻訳された。幾何学の分野では、球体の性質と運動について研究した。ビテュニアのテオドシオスの『球面幾何学』はアウトリュコスの球に関する仕事を元にしている。天文学の分野では天体の出没の関係を研究した。

外部リンク[編集]