ピコルナウイルス科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピコルナウイルス科
分類(ウイルス)
: 第4群(1本鎖RNA +鎖)
: ピコルナウイルス目 Picornavirales
: ピコルナウイルス科 Picobirnaviridae

ピコルナウイルス科(Family Picornaviridae)とはRNAウイルスの科の一つ。

性状[編集]

本科に属するウイルスは、一本のプラス鎖RNAゲノムとして持つRNAウイルスである。小さなRNA(pico-rna)を持つという意味で名付けられた。エンベロープを持たず、直径22-30nm、正20面体のカプシドを持つ。エーテルには耐性であり、酸(pH3.0以下)でも安定である。ウイルスの増殖は細胞質内で行われる。

分類[編集]

  • Genus Enterovirus
  • Genus Rhinovirus
    • ヒトライノウイルスA~B (human rhinovirus A~B)
  • Genus Cardiovirus
    • 脳心筋炎ウイルス (encephalomyocarditis virus)
  • Genus Aphthovirus
    • 口蹄疫ウイルス (foot-and-mouth disease virus)
  • Genus Hepatovirus
  • Genus Parechovirus
    • ヒトパーエコーウイルス (human parechovirus)
  • Genus Erbovirus
    • 馬鼻炎Bウイルス (equine rhinitis B virus)
  • Genus Kobuvirus
    • アイチウイルス (Aichi virus)
  • Genus Teschovirus
    • 豚テッショウウイルス (porcine teshovirus)

関連項目[編集]