ピグマリオン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピグマリオン
Pygmalion
監督 アンソニー・アスキス
レスリー・ハワード
脚本 ジョージ・バーナード・ショー
W・P・リップスコーム
セシル・ルイス
原作 ジョージ・バーナード・ショー
ピグマリオン
製作 ガブリエル・パスカル
出演者 レスリー・ハワード
ウェンディ・ヒラー
音楽 アルテュール・オネゲル
撮影 ハリー・ストラドリング
編集 デヴィッド・リーン
製作会社 ガブリエル・パスカル・プロダクションズ
配給 イギリスの旗 General Film Distributors
アメリカ合衆国の旗 MGM
公開 イギリスの旗 1938年10月6日
アメリカ合衆国の旗 1939年3月3日
上映時間 イギリスの旗 96分
アメリカ合衆国の旗 89分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $350,000(見積値)[1]
テンプレートを表示

ピグマリオン』(Pygmalion)は1938年のイギリス映画。舞台や映画で知られるミュージカルマイ・フェア・レディ』の原作となったジョージ・バーナード・ショーの1913年初演の戯曲ピグマリオン』をショー自らの脚色で映画化した作品である。監督はアンソニー・アスキスと主演でもあるレスリー・ハワードの2人。映画監督として知られるデヴィッド・リーン編集技師時代の作品である。

日本では劇場未公開だがビデオVHS2000年4月10日に、DVD2000年4月24日に発売された。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

原作戯曲との違い[編集]

  • イライザがヒギンズと口論して、ヒギンズ家から出て行き、最後の最後でヒギンズと結ばれるようになっている。このような改変は後のミュージカル『マイ・フェア・レディ』にも採用されている。ただ、この映画に関しては脚本にショー自身がかかわっていて作者の意図が反映されている。大江麻里子の『マイ・フェア・レディーズーーーバーナード・ショーの飼い慣らされないヒロインたち』(慧文社)によれば、ショーは試写会で初めて知って驚きを隠せなかったという。

受賞・ノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
アカデミー賞 作品賞 ノミネート
主演男優賞 レスリー・ハワード
主演女優賞 ウェンディ・ヒラー
脚色賞 ジョージ・バーナード・ショー 受賞
ヴェネツィア国際映画祭 男優賞 レスリー・ハワード 受賞

脚注[編集]

  1. ^ Pygmalion (1938) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年6月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]