ピクトチャット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニンテンドーDS > ピクトチャット

ピクトチャットとは、任天堂から発売されている携帯型ゲーム機ニンテンドーDSニンテンドーDS LiteニンテンドーDSiニンテンドーDSi LLに内蔵されている機能のひとつである。

概要[編集]

ニンテンドーDS最大の特徴である「タッチスクリーン」を利用し、自由に絵や文字を書いて送受信する事ができる。また、他の人が書いたものをコピーし、書き加えたり書き込んだりして送信することも可能。

1台のDSの周辺には最大で16人が参加可能なチャットルームが4つあり、参加者はその4つのいずれかに入ることによって周囲の人と会話をすることができる。下画面のタッチパネルがキーボードとなっており、それで文字を入力したり絵を描いたりして送信することで会話を行う。日本語(かな文字のみ)の他、英語ドイツ語フランス語スペイン語イタリア語で会話をすることも可能。

ニンテンドーDSiではレインボー色で絵を描くことができ、DSiから送信された色付きの絵は、ニンテンドーDS・ニンテンドーDS Liteが受信してもカラー表示され、コピーすることもできる。

元々は本体内蔵ではなく、別売のソフトとなる予定だった。そのためか、ピクトチャットの説明書が本体説明書とは別に存在する。

なお、ニンテンドー3DSには内蔵されていない。ただし、後述の『DS楽引辞典』などのピクトチャットを使用することは可能。『いつの間に交換日記』はピクトチャットのシステムを使っている後継である。

その他[編集]

  • 一部のDSソフトでは、ピクトチャットの強化版ともいえるようなチャット機能が搭載されている。
    • DS楽引辞典』では、難しい漢字(ヨメナ語)を送ることができ、後に発売された改良版『漢字そのまま DS楽引辞典』では、手書き入力で漢字を混ぜた文章を送れるようになった。
    • だれでもアソビ大全』では、様々なカラーのペンを使うことができる。
  • Wii用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズX』では、この機能をモチーフとしたステージが登場する。ピクトチャットで描かれたような絵が地形となったり仕掛けになったりするユニークなステージである。また、元々音楽が無い「ピクトチャット」の曲もある。
  • 2008年には、この「ピクトチャット」を活用した「鬼ごっこ」を行う子供達も現れている[1]

出典[編集]

  1. ^ DS鬼ごっこで遊ぼ 無線通信で“情報戦””. 東京新聞 (2008年7月12日). 2008年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]