ピエール=ポール・プリュードン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピエール=ポール・プリュードン
Pierre-Paul Prud'hon
プリュードン画『プシュケの略奪』(1800)
ルーヴル美術館
生誕 1758年4月4日
クリュニー
死没 1823年2月16日(64歳)
パリ
国籍 フランスの旗 フランス

ピエール=ポール・プリュードンPierre-Paul Prud'hon, 1758年4月4日 - 1823年2月16日)は、フランスの画家。神話・寓話を元とした絵画・肖像が有名である。

生涯[編集]

クリュニーで石工の父親の10番目の息子として生まれる。16歳の時ディジョンのフランソワ・ドヴォージュの絵画学校に入学する。1780年にパリへ出てきた。1782年にイタリアに留学し、レオナルド・ダ・ヴィンチコレッジョに傾倒する。1784年にローマ賞を受賞。帰国後はパリに滞在し、フランス革命中は革命派に荷担した。初期は生活のためにデッサンや肖像画を描いた。1798年にサン・クルー城の天井画の依頼を受け、以後同じような依頼が続く。

活動が盛んだったのはフランス第一帝政時代以後であって、1801年からナポレオン1世より肖像画や室内装飾の依頼を受けるようになる。特に皇后ジョゼフィーヌに認められて『マルメゾンの庭に腰掛けるジョゼフィーヌ』など多くの代表作を残した。また、ナポレオンの2番目の妻マリー=ルイーズにも認められた。

1821年に弟子であった女流画家コンスタンス・メイエ(Constance Mayer)が自殺し、大きなショックを受けた。1823年にパリで没し、ペール・ラシェーズ墓地に埋葬された。

作風は明らかに新古典主義に影響されているが、ロマンティックな情趣を含み、優美な感覚と甘美な色彩感を持っていた。彼のキアロスクロ(Chiaroscuro、イタリア語で光と闇)の技術で人物と背景とをはっきりと浮かび上がらせるやり方は、スタンダールウジェーヌ・ドラクロワジャン=フランソワ・ミレーシャルル・ボードレールら芸術家に高く評価されていた。

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]