ピエール=ナポレオン・ボナパルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピエール=ナポレオン・ボナパルト

ピエール=ナポレオン・ボナパルト(Pierre-Napoléon Bonaparte, 1815年10月11日 - 1881年4月7日)は、フランス第二帝政期の皇族。リュシアン・ボナパルトの息子で、ナポレオン・ボナパルト百日天下が終わったすぐ後に生まれた。粗暴な性格で世間の評判も悪く、第二帝政成立後も疎んじられた。1870年1月に共和派のジャーナリストとトラブルを起こし、相手を射殺する事件を起こした。この事件は、ナポレオン3世に対する攻撃の口実となり、各地で共和派の大規模なデモが発生した。

外部リンク[編集]