ピエール・ヴァンツェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピエール・ローラン・ヴァンツェル(Pierre Laurent Wantzel、1814年6月5日-1848年5月21日)は、パリ出身のフランス人数学者で、幾つかの古代の幾何学の問題がコンパス定規だけでは作図不可能であることを証明した。

1837年からの論文で[1]、ヴァンツェルは以下の問題を解決した。

  1. 立方体倍積問題
  2. 角の三等分問題
  3. 頂点の個数が2フェルマー素数以外の素因子を持つ正多角形の作図

1848年、33歳の若さでパリで急逝したが、寝る間も惜しんで計算に熱中したことによる過労が原因だといわれている。

出典[編集]

外部リンク[編集]