ピエール・ルモニエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピエール・ルモニエ(Pierre Lemonnier、1675年6月28日 - 1757年11月27日)は、フランス数学者である。

ルモニエは、パリのコレージュ・ダルクール(Collège d'Harcourt)の物理学教授であった。彼の書いた哲学の入門書は、各地のコレージュで教科書として用いられた。1725年フランス科学アカデミー幾何学の助教授に任命され、1736年に準会員となった。

天文学者のピエール・シャルル・ルモニエ、植物学者のルイ・ギョーム・ルモニエの父であり、親子ともにフランス科学アカデミーの会員であった。