ピエール・ラルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピエール・ラルマン
ピエール・ラルマン
生誕 1843年10月25日
ポンタ=ムッソン
死没 1891年8月29日(満47歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ボストン
住居 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国コネチカット州アンソニア英語版
著名な実績 自転車の発明
ペダル駆動の自転車 - ピエール・ラルマン申請:米国特許 No. 59,915、1866年11月20日認可

ピエール・ラルマン: Pierre Lallement, 1843年10月30日-1891年8月29日)、は自転車の発明者のひとり。

ラルマンは、1843年10月30日、フランスナンシーに程近いポンタ=ムッソンに生まれる。 フランスナンシー乳母車製造業者として19年目の1862年、だれかがダンディー・ホース(ドライジーネ)(カール・フォン・ドライス参照)を乗り回しているのを見たラレマンは自身で作ろうと考える。製造するに当たりロータリー・クランク機構ペダルで構成した変速機を前輪のハブに装着した。1863年にはパリへ移り、最初の本当の自転車を製作する。

ラルマンと話をしたオリバー兄弟は彼の発明に商機を感じ取り、ピエール・ミショーと組み、1864年のラルマンの設計により2輪のベロシペードを大量生産した。ラレマンがミショーに雇用されていたのはほんのわずかの時期であった。

ラルマンは1865年、フランスを離れ米国コネチカット州アンソニアに移住する。そこでさらに改良した自身の自転車を作成し、公開する。1866年4月にペダル式自転車に関する最初で唯一の特許を申請し、11月に認可されている。ラルマンの図にはベアリングが使用されており、くねくねしたフレームとあわせて、デニス・ジョンソンの製作したダンディ=ホーススタイルに大変よく似ている。違いは、ペダルとクランクが付加されていること、さらに、フレームの上部に細長い鉄板をばねとしてのせ、その上にサドルを取り付けていたことで、これにより快適な乗り心地となっていることだった。

この自転車は米国の製造業者には興味をもたれなかったため、ラルマンは1868年、パリに戻っている。この時、フランスではミショー型自転車がブームとなっていた。これが欧州に広まり、米国に渡る。ラルマンも1880年以前に、再び米国に渡っている。1880年というのは自転車の特許権侵害に関する訴訟が起こされた年である。ラルマンはラルマンの特許を購入していたこの訴訟での原告、アルバート・ポープ側の証人として法廷に立っている。ラルマンはブルックリンに居を置き、ポープの下(もと)で働いていた。ラルマンは1891年にボストンで亡くなっている。47歳だった。